無料ブログはココログ

« ボンヌ図法はボンヌが考案者ではない | トップページ | 松陰の「志」ということ »

2015年4月15日 (水)

史上はじめて中国を統一した男「始皇帝」

Img_0016   中国最初の統一国家秦帝国の初代皇帝、始皇帝の画像は何種類もあるが、あくまで後代の想像画であって実像を伝えているとは言い難い。鎌田重雄の著書「秦の始皇帝」(1962)の口絵には明の「三才図会」を引用している。最近はもっとリアルな絵柄が好まれるようである。その後の出版物は新中国になってからの彩色の想像画を掲載しているが模倣したものが多数出回っている。現在において有名な始皇帝肖像画は北京・中国歴史博物館のものと秦始皇帝兵馬俑博物館のものであろう。(世界史)

Img_0002
「三才図会」(明代)

Img_0005

Imgbe07715bzik9zj

Img_0021
 中国歴史博物館蔵

Photo
 秦始皇帝兵馬俑博物館蔵

« ボンヌ図法はボンヌが考案者ではない | トップページ | 松陰の「志」ということ »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボンヌ図法はボンヌが考案者ではない | トップページ | 松陰の「志」ということ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30