無料ブログはココログ

« 邪馬台国の使者は乞食を連れていた!? | トップページ | 韓国の「オデン」 »

2015年4月 5日 (日)

世界の公衆トイレ事情

   古代ローマは、歴史上もっともトイレが完備していた。各家庭のトイレは水洗で、ローマ市内には公衆トイレが144ヵ所もあった。だが帝国財政が厳しくなってきた。ヴェスパシアヌス帝(AD9-79)は紀元74年、トイレ税を課した。これは悪評で、イタリアでは今でも、公衆トイレのことを彼の名前で「ヴェスパシアーノ」とからかって使っている。ただし、トイレ税は使用者から料金を徴収するのではなく、集めた尿を有料で販売したのである。当時、羊毛から油分を洗い流すために、人間の尿が使われていたから。

  世界には、さまざまなトイレのスタイルがある。なかにはとても落ち着いて用を足せないようなトイレもみられる。vespasiano

« 邪馬台国の使者は乞食を連れていた!? | トップページ | 韓国の「オデン」 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 邪馬台国の使者は乞食を連れていた!? | トップページ | 韓国の「オデン」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30