無料ブログはココログ

« 古ゲルマン社会 | トップページ | 諸子百家(春秋戦国時代の文化) »

2015年4月15日 (水)

東京ごみ白書

  昭和30年代、日本は高度経済成長期を迎えた。高度経済成長は国民の所得を増加させ、その結果、生活様式は大量生産・大量消費・大量廃棄へと変化した。このことは廃棄物の増大や多様化を招き、最終処分場の逼迫や、清掃工場から出る煤煙の問題など、ゴミ問題がより顕著に現れるようになってきた。平成25年度の東京都のゴミの量は、約283万トン。1人が1日に出すごみの量は857gにもなる。

Photo_3
 板橋区の西台埋立処分場(昭和32年)

« 古ゲルマン社会 | トップページ | 諸子百家(春秋戦国時代の文化) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古ゲルマン社会 | トップページ | 諸子百家(春秋戦国時代の文化) »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31