無料ブログはココログ

« バースデーケーキ | トップページ | 名簿の掲載順 »

2015年4月20日 (月)

もともと「安全第一」は三番目だった‼

Safetyfirstwarningsignconstructions   よく工事現場などでみられる看板「安全第一」。いつ頃、だれによって作られたのだろうか?1906年、アメリカでは多くの労働災害が発生していた。製鉄会社、USスチールの社長エルバート・ヘンリー・ゲーリー(1846-1927)は当時の「生産第一、品質第二、安全第三」という会社の運営方針を見直し、「安全第一」とした。この方針が実行されると、労働災害はたちまち減少し、生産性も向上した。この標語はたちまち全米に広がり、やがて世界中に普及するようになった。日本では大正元年(1912年)古河鉱業足尾鉱業所長の小田川全之(おだがわまさゆき)がアメリカで提唱されていた「セーフティ・ファースト」を「安全専一」と訳して標示板をつくり、所内の安全活動を推進した。「安全専一」は昭和になると「安全第一」として標語が定着した。Elbert Henry Garry

History01_ph02 History01_info_ph01
                                                    小田川全之(1861-1933)

41525538_138490965436
エルバート・ヘンリー・ゲーリー

 

« バースデーケーキ | トップページ | 名簿の掲載順 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バースデーケーキ | トップページ | 名簿の掲載順 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31