無料ブログはココログ

« 双子都市 | トップページ | 産業革命の世界史的意義とその功罪 »

2015年4月14日 (火)

青唐王国(チベット10世紀~11世紀)

A0226578_1137473   7世紀に吐蕃王国がチベットを統一するが、9世紀には衰退して、吐蕃の王族の一部が西チベットにグゲ王国(古格王国)を建国した。11世紀になると、青海の西寧を中心に青唐王国(1032-1104)が栄えた。王名は初代がコクシラ、董毡、アリク(阿里骨)、瞎征、趙恩忠と5代72年続いた。この時代のことは資料が少ないが、宋の蘇東坡(1036-1101)が杭州の地方官で3代王の阿里骨(1040-1096)に関する記述がある。(世界史)

« 双子都市 | トップページ | 産業革命の世界史的意義とその功罪 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 双子都市 | トップページ | 産業革命の世界史的意義とその功罪 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30