無料ブログはココログ

« 鉄道(明治事物起源) | トップページ | 受領の貪欲 »

2015年3月 7日 (土)

シドッチ神父舶載の宗教画

Carlo_dolci_mater_dolorosa  東京国立博物館所蔵の名画に「悲しみの聖母」(親指の聖母)がある。カルロ・ドルチの1655年の作品。この絵画を所持していたのはイタリアの神父ジョヴァンニ・シドッチ(1668-1714)である。シドッチは1708年、屋久島に上陸し捕らえられ、江戸で幽閉生活の後、6年後、衰弱死した。将軍の命令を受けた新井白石は小石川のキリシタン屋敷でシドッチとの対話をもとにして「西洋紀聞」「采覧異言」を著わしている。白石は天文地理に関しては学ぶところ多いが、キリスト教は全面否定している。(Giovanni Sidotti,Carlo Dolci)

« 鉄道(明治事物起源) | トップページ | 受領の貪欲 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄道(明治事物起源) | トップページ | 受領の貪欲 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31