無料ブログはココログ

« 南蛮文化 | トップページ | 酒井忠次の軍配 »

2015年3月29日 (日)

バドミントンの起源

   バドミントンは1820年代インドでプーナと呼ばれていた。インドから帰ったイギリス人の兵士が1873年に本国に伝えたのが始まり。南西イングランドのグロスターシアのビューフォード卿の住むバドミントン・ハウスで中心に研究されたので、地名をとってバドミントンという名がついた。1873年以降、イギリスから各国へ普及した。下の絵は、ルノワールの「バドミントンをする若い娘たち」(1887年)。

35212

( keyword;Badminton House,Doke of Beaufort,Poona,Gloucestershire,eponym )

« 南蛮文化 | トップページ | 酒井忠次の軍配 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南蛮文化 | トップページ | 酒井忠次の軍配 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30