無料ブログはココログ

« サボテンの語源 | トップページ | 「ん」で始まる言葉 »

2015年3月20日 (金)

戦後の流行「ルーズソックス」

Artc9812024    連続テレビ小説「おひさま」。真知子が父に「東京行きを許してくれなかったら、私、パーマネントします」と。パーマ嫌いの父は仕方なく許す、という設定。昭和14年、街に「パーマネントはやめましょう」の標語も登場し、電髪は華美で戦時下にふさわしくないとみられていた。戦後いっきにみんなパーマをしだした。モンペ姿からショート・スカートへ。髪は笠置シズ子や原節子、戦後の写真はみんなパーマだ。「美しくなりたい」と洋裁学校がはやった。昭和28年にはミス・ユニバースの伊東絹子の出現で「八頭身」という流行語が生まれた。昭和30年には落下傘スタイルのスカートの裾が大きく広がったスタイルが流行する。昭和36年にはシームレス・ストッキングが発売される。「♪ふりむかないで~」とザ・ピーナッツが歌う。そして昭和40年からミニ・スカートが大流行。

   時代はとんで平成8年から仙台の女子高生が膝うえ丈のスカートにふくらはぎまでのダブダブにはいた白いルーズソックスを防寒用に考案。数年後、ミニスカの流行とともにコギャルたちの間でルーズソックスが広がっていった。ルーズlooseとは「だぶだぶの」の意味の和製英語で、欧米ではほとんど通用しない。しかし靴下そのもののルーツは1982年にニューヨークのエリック・G・スミスが「ブーツ・ソックス」(E.G.スミス社製)として販売されたもので、彼は、日本の女子高生のためにそんな靴下を作ったわけではなかった。老若男女がリラックスしてるはける靴下として売り出したのだが、1992年、日本市場に進出すると、あっというまに女子高生が殺到し、他の若男や、老男・老女は、はけなくなってしまったのである。とくに長さ60㎝、90㎝のものが人気であった。だが2004年頃になると「ダサい」「古い」「時代遅れ」と、流行は花火のようにアッというまに消えてしまった。

« サボテンの語源 | トップページ | 「ん」で始まる言葉 »

「美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サボテンの語源 | トップページ | 「ん」で始まる言葉 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30