無料ブログはココログ

« ブラック・リスト | トップページ | 安田作兵衛の槍 »

2015年3月14日 (土)

美術(明治事物起源)

   明治5年2月に日本政府はウィーン万国博覧会の事務局が東京に設けられたとき、その出品勧誘の官令のなかに「美術」という新熟語があり、その註に「音楽、画学、像を作るの術、詩学等を美術と云」とある。これはドイツ語クンストゲヴェルべ(美術工芸)あるいは英語ファイン・アートという言葉を、官僚の大鳥圭介がほんのまにあわせに思いついての訳語としてだしたものであったが、のち明治10年8月の第一内国勧業博覧会のさいに「美術館」をもうけて美術という言葉が、公に使われるようになった。Kunstgewerbe、fine arts

« ブラック・リスト | トップページ | 安田作兵衛の槍 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラック・リスト | トップページ | 安田作兵衛の槍 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31