無料ブログはココログ

« いろいろなお茶 | トップページ | 八百比丘尼の伝説 »

2015年3月12日 (木)

ケン・アンロク

Ok_ken_arok1   インドネシアは赤道南北の1万3700の島々からなる世界最大の群島国家である。1891年、ジャワ島のトリニール付近で直立猿人(ジャワ原人)が発見され、インドネシアの旧石器時代における人類の活動が認められている。現在のインドネシア人は、紀元前2500年から紀元前1500年ごろにかけて中国西南地方から移住した民族で、水稲耕作を行なった。

   670年ごろにシュリーヴィジャヤ王国が、マラッカ海峡を制圧して東南アジアの海上交通を支配し、仏教文化が栄えた。8世紀になると、シュリーヴィジャヤ王国のシャイレンドラ朝がジャワ島北部に進出し、800年ごろにボロブドゥールを建設した。農業の盛んなジャワ島には、8世紀前半にマタラム王国が成立し、ヒンドゥー教の信仰が隆盛を極めた。10世紀前半になるとクディリを都とするクディリ王国が成立し、マラダム王国をしのぐ勢力を誇った。12世紀になるとクディリ王国とシュリーヴィジャヤ王国が栄えて、13世紀になるとジャワ島東部にシンガサリ王国が興った。

   シンガサリ王国(1222-1292)の始祖はケン・アンロク(画像)である。彼は農民出身ながら、クディリ朝最後の王クルタジャヤを暗殺して、東ジャワを統一して、新王朝を興し、シンガサリに都した。ケン・アンロクは王号をラージャサ(在位1222-1227)といい、5年の治世ののち、暗殺される。アヌーサパティ、トクジャヤ、ヴィシュヌヴァルダーナと続き、第5代のクルタナガラ王時代に最盛期を迎えたが、元の世祖の怒りを買う。1292年宰相ジャヤカトゥアンにより殺され、王朝は滅亡した。 ken Arok、Singasari、Rajasa

« いろいろなお茶 | トップページ | 八百比丘尼の伝説 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いろいろなお茶 | トップページ | 八百比丘尼の伝説 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30