無料ブログはココログ

« ケン・アンロク | トップページ | 19世紀フランス画家5人男 »

2015年3月13日 (金)

八百比丘尼の伝説

Img_0  人は必ず死ぬ。争いの絶えない世の繰り返し。そのいとなみの空しさ。娘は120歳になったとき、剃髪して尼僧となった。そして、諸国行脚の旅に出て、行く先々で歴史を語り、仏の法を説き、杉や椿の樹を植えて、自らの記念とした。また、手にはいつも玉と白い椿の小枝をたずさえていた。

   諸国を巡り歩いたのち、尼僧はふたたび若狭へ帰った。そのときすでに八百歳となっていて、八百年の人生を味わい尽くしていた。無を知り尽くしての終焉地であった。それゆえに、人々はこの尼僧を八百比丘尼と呼び、その幼な顔から、童の尼とも称し、また持ち歩く白い椿から、白比丘尼とも言った。

   八百比丘尼の伝承は日本各地にある。人魚の肉を食べたため、800歳まで生きたともいわれる。「康富記」や「臥雲日件録」には、15世紀中頃(1449年)に白比丘尼という200余歳の尼が若狭国から上洛し、見世物として料金を取ったという記述がみえる。画像は福井県小浜市の空印寺にある八百比丘尼の像。

「鶴は千年、亀は万年。浦島太郎は八千歳、東方朔が九千歳、三浦大介百六つ」という。架空人物としても八百比丘尼の800歳は長い。中国の彭祖と同じ800歳。

世界長寿一覧(架空人物含む)

常陸坊海尊 430歳

武内宿禰 300歳

トーマス・バー 152歳

景行天皇 143歳

垂仁天皇 139歳

桃林契悟禅師 139歳

孝文天皇 137歳

ジャンヌ・カルマン 122歳

モーゼ  120歳

« ケン・アンロク | トップページ | 19世紀フランス画家5人男 »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケン・アンロク | トップページ | 19世紀フランス画家5人男 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30