無料ブログはココログ

« 篠田一士の「日本の近代小説」論 | トップページ | 空海の死はなぜ「入定」というのか »

2015年3月20日 (金)

陽が当たらないからどいてくれ

Thomas_christian_wink__diogenes_and

    アレクサンドロスはディオゲネスの評判を聞いて、コリントにいた老哲学者を訪ねた。学者は酒樽を住まいとし、物質的なものを求めず、無欲な生活をしていた。王は「ディオゲネスよ、望みを1つ言うがよい。かなえてやろう。費用はいくらかかっても構わぬ」と言うと、ディオゲネスは「ならば、ちょっとよけて陽が当たるようにしてくれ」と言った。居合わせた供の者たちは、学者の無礼に憤激してしきりに愚弄した。それをなだめて王は言った。「余が仮にアレクサンドロスでないならば、ディオゲネスになりたいところだ」

    この逸話は世界史の数あるエピソードのうちでも秀逸である。大王が33歳の若さで夭折したことを思うと、「陽が当たらないからどいてくれ」という言葉は、老哲学者の警告と取れないこともない。人生の大事なことを認識しなさい、物質的なもの、予測可能なものばかりを追わずに、心のなか、精神や魂に目を向けなさい、と言いたかったのかもしれない。参考;ヘルゲ・ヘッセ「その一言が歴史を変えた」(Diogenes)

« 篠田一士の「日本の近代小説」論 | トップページ | 空海の死はなぜ「入定」というのか »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 篠田一士の「日本の近代小説」論 | トップページ | 空海の死はなぜ「入定」というのか »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30