無料ブログはココログ

« 金閣寺の原風景 | トップページ | 南方熊楠の納税意識 »

2015年3月 4日 (水)

シャルコーの臨床医学講義

449pxpr_charcot_dsc09405    フランスの神経学者ジャン・マルタン・シャルコーはヒステリー研究やパーキンソン病の命名者として19世紀「科学の帝王」そのものだった。しかし、1893年に68歳で他界すると、かれのヒステリー研究は、次第に忘れ去られ、声望は減じていった。今日では、シャルコーが話題になるのはフロイトの師としてである。フロイトは、1885年から1886年にかけての4カ月間、パリのサルペトリエール病院でシャルコーに学んだ。

« 金閣寺の原風景 | トップページ | 南方熊楠の納税意識 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

Halt Protesting And Initiate your private men Method Instead

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金閣寺の原風景 | トップページ | 南方熊楠の納税意識 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31