無料ブログはココログ

« バドミントンの起源 | トップページ | なぜ大映俳優は不幸な人生を辿るのか »

2015年3月29日 (日)

酒井忠次の軍配

    酒井左衛門尉忠次(1527-1596)。大永7年の生まれで徳川四天王のなかでは最年長。晩年は眼疾で目が見えなかった。徳川家の家老かつ四天王なのに何故か印象が薄い。だが忠次の軍配がその人間性を物語っている。木製の黒漆塗で、中央には干支暦があり、その上にルーペと方位磁石(コンパス)が付いている。

T01790325_0179032512990908103
 黒塗軍配団扇(致道博物館)

« バドミントンの起源 | トップページ | なぜ大映俳優は不幸な人生を辿るのか »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バドミントンの起源 | トップページ | なぜ大映俳優は不幸な人生を辿るのか »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30