無料ブログはココログ

« なぜ大映俳優は不幸な人生を辿るのか | トップページ | マフィアの日 »

2015年3月29日 (日)

テレビで映画三昧

456353cb01ff9473a912276eb150be33_30   映画はもちろん映画館で観るのが正しい鑑賞法であるが、残念ながらあまり体力に自身がないのでテレビで我慢している。むかしのようにポップコーン食べながら映画館で観たい。テレビのよいところは洋画、邦画を問わず古い作品から新しい作品が観れることである。「映画は時代の鏡」なのである。戦時中の暗い世相でありながら、どこか明るい希望があったり、経済繁栄で物質的に豊かなのに心が不安な社会であったり、映画は歴史の本よりもその世相を反映している。だから世間的に名作といわれる作品よりも、評価されない作品にも見所がある。

最近、観た映画で最もつまらないと感じた映画。「陽気なギャングが地球を回す」(2006年)、原作は伊坂幸太郎のベストセラー。豪華な俳優陣で強盗計画に挑む。オーシャンズのような内容だがテンポが悪い。

Photo  「秘密」(1999年)。原作は東野圭吾。バス事故により、妻の意識が宿ってしまった娘と父との生活を描く(この現象を憑依という)。広末涼子が好演。

イギリス映画「クレアモントホテル」(2005年)。長期滞在型のホテルの人間模様。「黄水仙」ワーズワースの詩、古い歌、古城のような邸宅。タイプライター。原作はエリザベス・テーラー。

Zoe_tapper
  ゾーイ・タッパー


« なぜ大映俳優は不幸な人生を辿るのか | トップページ | マフィアの日 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ大映俳優は不幸な人生を辿るのか | トップページ | マフィアの日 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31