無料ブログはココログ

« スポーツと怪我 | トップページ | 炎の街 »

2015年3月18日 (水)

消えたハーモニカ

Georgebenjaminlukstheharmonicaplaye  最近、学校であまり見かけなくなったもの。鉛筆を削るボンナイフ。校庭を走るブルマ姿の女子。理科室のアルコール・ランプ。図書室の代本板。ベルマークの回収箱。彫刻刀とバレン。校庭裏の百葉箱と焼却炉。そしてハーモニカを吹く子どもの姿も見なくなった。むかしは小学校の音楽教材だったが、いまでは鍵盤ハーモニカに取って代わられたからだろう。ハーモニカの発明者は諸説あるが、ドイツのクリスチャン・フリードリッヒ・ルードヴィッヒ・ブッシュマン(1805-1864)が有力である。彼はアコーディオンの発明者としても知られている。1821年、16歳のとき、オルガンの調律用に鉄製リードを付けた笛を作ったのが始まりと考えられる。

    画像はアメリカのイラストレーター、ジョージ・ベンジャミン・ラックスの「ハーモニカを演奏する少年」(Christian Friedrich Ludwing Buschman,Gerge Benjamin Luks,harmonica)

« スポーツと怪我 | トップページ | 炎の街 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーツと怪我 | トップページ | 炎の街 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30