無料ブログはココログ

« 明治期の群馬県庁移転問題 | トップページ | 地名「別府」と「大分」の由来 »

2015年2月25日 (水)

難しい人名漢字

現在では人名で使われる漢字は制限されているが、これは1946年に戸籍法が改正されたためである。つまり戦前は漢字に制限はなく、自由に難しい漢字が使えた。有名なところでは南極探検家の白瀬矗(しらせのぶ)。「矗」という漢字をほかで見かけることは少ない。物理学者に桑木彧雄がいる。「あやお」と読む。東洋史学者の桑原隲蔵。「じつぞう」と読む。「隲」という漢字はそれほど難しくはないかもしれないが、現在では人名に使用できないであろう。

« 明治期の群馬県庁移転問題 | トップページ | 地名「別府」と「大分」の由来 »

漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治期の群馬県庁移転問題 | トップページ | 地名「別府」と「大分」の由来 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30