無料ブログはココログ

« 常陸山から大鵬まで | トップページ | スンプ法と鈴木純一 »

2015年2月27日 (金)

闘牛の歴史

20100804_2018711   闘牛といえばスペインが有名だが、ラテンアメリカなど(メキシコ)でもかなり盛んで人気がある。現在、闘牛が行われている国は、スペイン、ポルトガル、フランス南部、メキシコ、エクアドル、ベネズエラ、コロンビア、ペルーの8ヵ国。しかし本場のスペインでもその人気が闘牛からサッカーに移り、観客数が激減している。また動物愛護団体からの強い反対運動もあり、衰退傾向が著しい。闘牛の起源は、はっきりと分からない。古代ローマでも闘牛が行われていたといわれるが、近代の闘牛はスペインで発達した。スペインへ闘牛を移入したのはムーア人だともいわれている。11世紀スペインで馬上の騎士の訓練の一つとして始まり、16世紀に様式化されて、「牛追い祭」などが開催される。18世紀には現在の闘牛に近い競技場での見世物として発展する。画家のゴヤが闘牛が好きだったことは有名で、彼自身も闘牛士になりたかったといわれる。メリメ「カルメン」(1845年発表)によって闘牛=スペインとして世界中に広く知られるようになった。

« 常陸山から大鵬まで | トップページ | スンプ法と鈴木純一 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 常陸山から大鵬まで | トップページ | スンプ法と鈴木純一 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31