無料ブログはココログ

« ぶりかまめし | トップページ | 児島高徳 »

2015年2月23日 (月)

アッティラの野望

Auto_jlq2e2   451年、フン族のアッティラ(395-453)は北ガリアに侵入し、カタラウヌム(フランス語でシャロン)の戦で、西ローマ軍のアエティウスに敗れた。その後、フン族は北イタリアで略奪を繰り返し、ローマを目指して進軍したが、452年ローマ教皇レオ1世との交渉によって、撤退することに同意し、本国パンノニア(今のハンガリー)に帰った。なお教皇に同行し、会談の席に臨んだ随行員によると、「アッティラ王はずんぐりとした小男で、人並みはずれた大きな顔の持ち主だった。短気な性格のようだが、外交に関しては意外とねばり強く交渉していた」とその印象を述べている。アッティラは翌年、新婚の妃に殺害された後、彼のつくった大帝国は急速に瓦解した。テレビシリーズでジェラルド・バトラー主演「騎馬大王アッティラ」(2001)がある。

« ぶりかまめし | トップページ | 児島高徳 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぶりかまめし | トップページ | 児島高徳 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31