無料ブログはココログ

« 石原莞爾「写生事件」 | トップページ | アッティラの野望 »

2015年2月23日 (月)

ぶりかまめし

Photo_4 日本で最初の駅弁は明治18年、宇都宮駅で売られた2個のおにぎりとたくあんだった。それから130年、全国各地で名物駅弁が生れた。横川駅の「峠の釜めし」や塩尻駅の「山菜釜めし」、厚岸駅の「かきめし」などが有名。最近の駅弁ランキングでは、富山の氷見駅「ぶりかまめし」が人気である。ぶりかまとは、ぶりのえらの後ろをさし、一匹に2箇所しか取れない貴重な食材。そのぶりかまを骨までじっくりやわらかく煮込み、こだわりのタレにつけて香ばしく焼きあげた。

 

« 石原莞爾「写生事件」 | トップページ | アッティラの野望 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石原莞爾「写生事件」 | トップページ | アッティラの野望 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31