無料ブログはココログ

« シンガポールとラッフルズ | トップページ | 前線 »

2015年2月 6日 (金)

日本語化された「ん」の話

Img_1791863_65707888_0    古代の日本語には「ん(N)」という発音はなかった。仏教伝来とともにサンスクリット語の「阿吽(あうん)」が入ってきた。しかし「ん」はあまり普及せず、「ん」から始まる言葉はいまでもほとんどない。しかし室町時代ころから庶民の間で「ん」を連発するようになる。たとえば「ふどし」を「ふんどし」と言葉の中間に入れて発音しやすくする。「こぶ」も「こんぶ」と発音するほうが一般的である。明治になって移入された外来語にも「ん」が多用されている。tunnelは「タネル」と発音するが、日本語化すると「トンネル」となる。釧路にB級グルメ「釧路ザンギ」がある。「ザンギ」とは中国の炸鶏(ザーギー)に由来する。鶏の骨付き肉を唐揚げにしたもので、ザーギーに「ん」をつけて「ザンギ」と呼んだといわれる。

« シンガポールとラッフルズ | トップページ | 前線 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンガポールとラッフルズ | トップページ | 前線 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31