無料ブログはココログ

« 知名度アップ大作戦 | トップページ | 新京ペスト流行と731部隊 »

2015年2月 8日 (日)

剣術の祖・愛洲移香斎

F30006   室町時代の剣術家、愛洲移香斎(1452-1538)の名前はあまり知られていない。もし日本の歴史人物名を五十音順に排列すると、かなり始めのほうに掲げられる名前である。「あいすいこうさい」本名は愛洲太郎久忠、または左衛門尉や日向守と称した。移香斎は法名である。幼少より剣術の才能があったため、武者修行をもって生業とし、諸国を巡ったり、上洛した。36歳ののとき日向国鵜戸の岩屋に参籠して、蜘蛛の動きから極意を得て「陰流」を開いたといわれる。時代劇などでよく聞く、「柳生新陰流」も、愛洲陰流がもとになっている。つまり剣術が最も盛んだった江戸時代には、600もの流派があったが、元祖はすべて愛洲移香斎が起こした陰流で、あらゆる剣法の祖である。

青柳武明「日本剣法の古流陰流と愛洲移香」 歴史公論1933年10月号、「増補、愛洲移香斎久忠傳考」南伊勢町教育委員会 1999年

« 知名度アップ大作戦 | トップページ | 新京ペスト流行と731部隊 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

時代劇の小説書いてますので、
このような資料は詳しく知りたいところです。

今後ともよろしく勉強させてください。gawk

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知名度アップ大作戦 | トップページ | 新京ペスト流行と731部隊 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31