無料ブログはココログ

« ふるさと北海道 | トップページ | 超難問文学クイズ »

2015年1月12日 (月)

青森県ご当地文学

Photo_2  「或るとしの春、私は、生れてはじめて本州北端、津軽半島を凡そ三週間ほどかかって一周したのであるが、それは、私の三十幾年の生涯に於いて、かなり重要な事件の一つであった。」

  太宰治がふるさと、蟹田、外ヶ浜、津軽浜、川辺、金木、深浦を旅する「津軽」は名作として今も読み継がれている。石坂洋次郎、葛西善三は弘前市、三浦哲郎は八戸市、寺山修司は三沢市の出身。

    青森県が舞台となった作品は、三浦哲郎「忍ぶ川」「白夜を旅する人々」、長部日出雄「津軽世去れ節」「津軽じょんがら節」、水上勉「はなれ瞽女おりん」、新田次郎「八甲田山死の彷徨」、川上健一「翼はいつまでも」、高村薫「晴子情歌」「新リア王」、鈴木喜代春「十三湖のばば」。

« ふるさと北海道 | トップページ | 超難問文学クイズ »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと北海道 | トップページ | 超難問文学クイズ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30