無料ブログはココログ

« 赤彦と「タヒチの女」 | トップページ | ペンネームおもしろ話 »

2015年1月 7日 (水)

パリ、青いスカートの女

Lizziebrochere081714082964666811   葬儀屋(墓石販売業)のエティエンヌ(パトリック・ゾッコ)は妻との関係は冷えている。あるとき、墓地で偶然に若い娘ジュリエット(リジー・ブロシュレ)に出会う。ジュリエットは厭世的なウェディングドレス店で働く店員である。中年男と娘は現実から逃れるように激しくセックスする。娘は「こう生きたい」とするジュリエットと「こう生きたくない」とするジュリエットが交錯する。映像では2人の女優が同一人物を演じている。ヌーヴェル・バーグのような映像美でとまどうものの、ラストは男と女の死が待っている。「自殺は美しい。自殺するのは人生に飽きたから」という命題で終わる。谷崎潤一郎の「痴人の愛」のフランス版ともいえる。

« 赤彦と「タヒチの女」 | トップページ | ペンネームおもしろ話 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤彦と「タヒチの女」 | トップページ | ペンネームおもしろ話 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30