無料ブログはココログ

« 三四郎とストレイシープ | トップページ | 土鈴 »

2015年1月 2日 (金)

逢いに来ましたお父さん

Photo_3   BSジャパンの「新春歌謡祭」。テーマ「流行歌100年」とは1914年に発表された松井須磨子「カチューシャの歌」を日本の歌謡曲第1号とするため。8時間の放送で、菅原都々子、青木光一、三条町子、安藤まり子、曽根史郎、雪村いづみ、白根一夫など懐かしい歌手が出演していた。天才少年歌手といわれた三宅広一。「逢いに来ましたお父さん」(1958年)戦死した父が祀られている靖国神社へ息子が訪れるという歌。NSP「夕暮れ時はさびしそう」は天野滋は2005年に死去しているので、中村貴之が一人で歌っていた。スタ誕出身の目黒ひとみ「わたしのシュガー・ボーイ」(画像1975年)も久しぶりのステージながらよく声がでていた。風見しんごの「僕笑っちゃいます」の作曲者が吉田拓郎とは知らなかった。倍賞千恵子のとき、高倉健の話を出して、八代亜紀「舟唄」、「トラック野郎」菅原文太という展開は上手い。歌手協会の主催なので、音楽そのものに愛情があって、紅白よりも心にしみる番組構成に感服。

« 三四郎とストレイシープ | トップページ | 土鈴 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三四郎とストレイシープ | トップページ | 土鈴 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30