無料ブログはココログ

« 冬子のブルース | トップページ | 態々(わざわざ) »

2015年1月14日 (水)

「山があるのに山梨県」ご当地文学

1d4d9087ff0a9b793ac357aaa2c4887fdb1   山梨では江戸期以来、俳句の盛んな土地柄だった。飯田蛇笏も幼少期から俳句に親しんだ。「芋の露連山影を正しうす」蛇笏は山梨の山間で生涯、俳句を創作した。深沢七郎は石和町の生れで、「楢山節考」「笛吹川」などの作品で反響を呼んだ。江戸の庶民を描いた山本周五郎は大月市の生れ。太宰治は御坂峠に滞在した体験から「富嶽百景」が生れた。林真理子「葡萄が目にしみる」

« 冬子のブルース | トップページ | 態々(わざわざ) »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬子のブルース | トップページ | 態々(わざわざ) »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30