無料ブログはココログ

« バスと人生 | トップページ | 黒田官兵衛の家紋 »

2015年1月 4日 (日)

「苦役列車」前田敦子

Photo  北町貫多は中卒で日雇い労働で生活費を稼いでいて、楽しみは読書と風俗くらいしかないさみしい青年。そんな貫多の唯一の希望の星は古本屋のアルバイトの康子だ。ヒロイン康子は原作にはないが映画では前田敦子が演じている。原作者の西村賢太は前田の起用には不満だったようだが、大きな展開のないドラマでは前田の素朴な雰囲気の女性の存在が救いのように思える。とくに三人が海で遊ぶシーンはよい。前田敦子の演技力には賛否両論あるが、「クロユリ団地」「苦役列車」「もらとりあむタマ子」「さよなら歌舞伎町」とアイドル女優としては及第点。

« バスと人生 | トップページ | 黒田官兵衛の家紋 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バスと人生 | トップページ | 黒田官兵衛の家紋 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31