無料ブログはココログ

« 鉛筆は意外と便利だ | トップページ | だんだだん »

2015年1月 8日 (木)

いつも歩けば帽子をかぶる

Photo_8 Photo_9

   歌手のジェロやクリス・ハートはいつも帽子をかぶっている。ミュージシャンや芸術家には帽子を愛用する人が多いが、通勤のサラリーマンはあまり帽子をかぶっている姿は見ない。大正期はカンカン帽が日本でも大流行した。その後、カンカン帽は消えたが、コントの世界で植木等がステテコ姿でカンカン帽をかぶったり、月亭可朝がカンカン帽をかぶってギターを弾いて歌っている。

250pxjos_marrone Photo_16


Photo_10 1900年代にはソフト帽(中折れ帽)が世界的に流行し、背広とソフト帽というスタイルが定着する。1940年代、映画でハンフリー・ボガートが「トレンチコートを着て、ソフト帽をかぶったタフガイ」というスタイルが確立される。岡譲二、片岡千恵蔵、波島進、丹波哲郎もこのスタイルを踏襲した。

Photo_11 Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15











« 鉛筆は意外と便利だ | トップページ | だんだだん »

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉛筆は意外と便利だ | トップページ | だんだだん »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30