無料ブログはココログ

« コタンの口笛 | トップページ | 猫背 »

2015年1月19日 (月)

英語が入った歌詞

31680e8b   舟木一夫の「高原のお嬢さん」「♪あの人に逢いたい、たまらなく逢いたい~リーフ、リーフ」夏の恋が終わって、今はもう秋…枯れ葉が散る季節となった。リーフとは「葉っぱ」のこと。当時としては斬新な歌詞だったが、漫談の牧野周一が「リーフとは何ですか」と茶々を入れていた。でも時代は移って、歌詞に英語が入るのは当たり前になった。安室奈美恵の曲などデビュー曲を除いて全部英語のタイトル。とくに結婚式の定番となった「CAN YOU SELEBRATE?」。canは「~してくれる」の意味で「(結婚を)祝福してくれる?」の意味らしいが外人にはさっぱり通じないとのこと。ドラマ「バージンロード」のテーマ曲で、和久井映見が不倫の子供ができて、反町に代理の夫になってと頼む。つまり「こんな私だけど、みんなが祝福してくれるなんて、おそれおおいわ」という意味らしい。

« コタンの口笛 | トップページ | 猫背 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コタンの口笛 | トップページ | 猫背 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30