無料ブログはココログ

« ハイヒールの歴史 | トップページ | 毛利元就「三矢の訓え」(さんしのおしえ)は作り話か!? »

2015年1月 5日 (月)

ピアノが黒いのはなぜ?

Cristofori_150  日本に初めてピアノが来たのは、1823年のことで、シーボルトが来日したときピアノを持参したといわれる。 

   ピアノは1709年、イタリア・パドヴァの楽器の修復家バルトロメオ・クリストフォリ・ディ・フランチェスコ(1655-1731)が発明した。しかし18世紀後半のフランスではピアノはクリストフォリではなく、ゴットフリート・ジルバーマン(1683-1753)が発明されたと考えられた。ジルバーマンはピアノの歴史にとって重要な人物ではあるが、その設計は完全にクリストフォリに基づくことが明らかとなった。クリストフォリが製作したピアノが3台現存するが、1726年製作のピアノは、現代ピアノが有する特徴をすべて備えている。ヨーロッパでは木目を生かした茶色が主流であったが、明治になって国産のピアノが生産されるようになって、日本のジメジメした気候のため黒い漆塗りの技法が採用され、その後世界でも黒いピアノが普及していった。( keyword;Bartolomeo Cristofori di Francesco,Gottfried Silbermann )

« ハイヒールの歴史 | トップページ | 毛利元就「三矢の訓え」(さんしのおしえ)は作り話か!? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイヒールの歴史 | トップページ | 毛利元就「三矢の訓え」(さんしのおしえ)は作り話か!? »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31