無料ブログはココログ

« ベトナムコーヒー | トップページ | コタンの口笛 »

2015年1月18日 (日)

枕の歴史

Photo_3   1865年リンカン大統領が暗殺された。翌日ピーターセンハウスで死去したが、現在リンカンがこのとき使用した血がついた枕が展示されている。英語で枕はピロー(pillow)だが、世界各国で枕を意味する言葉は全然違う。これは枕がそれぞれの民族で大昔から使用されてきたからである。では人類が枕を使い始めたのはいつ頃からか。アウストラロピテクスの頭蓋骨の下に、砕石が敷かれていたことから猿人のとき、すでに使われていたと考えられる。現在のようなフカフカ枕は12世紀のヨーロッパにさかのぼる。この頃、アラブ人が広く使っていたクッションが、十字軍の遠征によってヨーロッパにもたらされ、まくらとして使われるようになった。

Photo_4


英語   ピロー pillow

ドイツ語 キッセン Kissen

フランス語 オレイエ oreiller

イタリア語 クシーノ cuscino

スペイン語 アルモアーダ almohada

ギリシア語 プロスケパライオン 

ロシア語 パドゥーシカ

韓国語  ぺゲ

« ベトナムコーヒー | トップページ | コタンの口笛 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナムコーヒー | トップページ | コタンの口笛 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31