無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月30日 (金)

ガンジーは何故ノーベル平和賞を授与されなかったのか?

Mahatmagandhi     インド独立の父マハトマ・ガンジーは1937年から1948年にかけて前後5回ノーベル平和賞にノミネートされていた。しかし受賞することなく、1948年1月30日、ヒンドゥー教徒に暗殺された。のちにノーベル財団は次のような理由をあげている。1937年は、彼の運動がインドに限定されていることへの批判があった。1947年は、ガンジーが非暴力主義を捨てるかのような発言をしていた。1948年は、故人に対してノーベル賞を与えるかで議論された。当時は規定で除外されていなかったが、最終的に、故人に賞を与えるのは不適切だという結論となり、以降、ノーベル平和賞は政治的に利用される権威付けの道具となってしまった。(Karamchand Gandhi)

Photo
  「塩の行進」の銅像。1930年、イギリスによる塩の専売制に反対運動を行なった。先頭がガンジー。


チャールズ1世の処刑

King_charles_i_1628_ad   ヘンリー王子がアフガンでタリバンを殺害したことが話題となっている。兄の名がウィリアム、父がチャールズ。映画「英国王のスピーチ」はジョージ6世。英国王の名前は、1000年の歴史でもリチャード、エドワード、ヘンリー、ウィリアム、チャールズ、ジョージ、ジョンなど10種類くらいしかない。1649年のこの日、チャールズ1世が清教徒革命で処刑された。12年後、王政復古によりクロムウェルの墓が暴かれ、遺体の首が刎ねられたのも今日である。チャールズ1世は英国史でも有名な国王の1人で、関ヶ原合戦の年に生まれたので、1600年から1649年と生没年が記憶しやすい。

    王権神授説を信じたイギリス王チャールズ1世は、議会を解散し、以後11年間にわたって議会を開くことなく、専制政治をおこなった。1639年、カルヴァン派(長老派)の強いスコットランドに国教を強制したことから反乱が起こった。1642年国王は北部のヨークに逃れ、ノッティグガムで兵を挙げた。1642年10月、エッジ・ヒルの戦いは勝敗なく終わったが、議会派にオリヴァー・クロムウェルが現れると、鉄騎兵を編成し、1644年7月2日、マーストン・ムーアの戦い、1645年6月、ネーズビーの戦いで国王派は敗れ、第1次内戦は終結した。

   1647年12月、チャールズ1世はスコットランドへ逃亡し、これと軍事同盟を締結して革命軍に対抗し、第2次内乱が始まった。革命軍は国王軍ならびにスコットランド軍を破り、1648年3月再び国王は囚われた。一旦は脱出したものの、1648年11月、国王はワイド島のカリスブルック城に難を避けた。しかるに議会の多数派なる長老派は王との妥協を決議した。ここにおいて、クロムウェルはプライド大佐(?-1658)に命じて長老派議員140名を議会から締め出して、わずか60名の独立議員(ランプ議会という)で1649年1月1日、国王チャールズ1世の特別裁判所設置法案が可決された。反逆罪で裁かれたチャールズ1世は、1月27日に死刑の判決が下され、1月30日ロンドンのセント・ジェームズ宮殿からホワイトホールの門を出て、ホール前につくられた処刑台に登った。最後まで身につけていた宝石と勲章をカンタベリー大司教に渡し、首切り台に身をかがめると、群衆のうめき声のうちに、チャールズ1世の首がころげ落ちた。(Charles,Henrry,William)

 

7341903111t

2015年1月26日 (月)

ウガンダ解放記念日

Photo   ウガンダといえばウガンダ・トラを思い出す。芸名は、容貌がアミン大統領に似ていたからで、それ以外にウガンダとの接点はない。赤道直下の国ウガンダは1962年10月9日、イギリスから独立した。1971年、軍司令官アミンがクーデターで政権を掌握。独裁下で反対派30万人が虐殺される。1979年にアミン大統領が失脚し、内戦が続く。1986年1月26日、国民抵抗運動が首都を制圧し、ムセベニが大統領に就任した。この日を記念し解放記念日としている。1996年に初めて直接選挙制による大統領選が実施された。同年には反政府勢力「神の抵抗軍(LRA)」はダル南東の町アボケで、寄宿学校を襲撃し女生徒139人を誘拐した。そのうち17人の少女は幹部の愛人となり、他122人は生き埋めされた。LRAは80年代後半から現在まで推定約2万人の子供たちを拉致している。(10月9日,Uganda,Aboke)

帝銀事件と三菱銀行人質事件

Yohgisha    帝銀事件と三菱銀行人質事件。東京と大阪に起こった2つの事件は51年の隔たりはあるがともに1月26日に発生している。1948年、帝国銀行椎名町支店で行員12名が毒殺され、現金・小切手18万1千円が強奪された。警察は毒物の専門的知識を持つ者の犯行として、犯人像を旧関東軍の細菌兵器研究部隊(731部隊)関係者とみていた。ところが事件から7ヵ月後、突如、捜査方針が転換した、8月22日、テンペラ画家平沢貞通が逮捕された。物的証拠がなく、毒物の入手経路も判明しないまま、昭和30年に平沢の死刑が確定した。しかし、死刑は執行されず、平沢は昭和62年95歳で獄死した。
    昭和54年1月26日、三菱銀行北畠支店で強盗事件が発生した。犯人梅川昭美は猟銃で警官と行員4人を殺害し、客らを人質に42時間籠城、28日に梅川は射殺された。

2015年1月25日 (日)

「東風吹かば」の歌は偽作!?

Pn2008072401000656___ci0003   本日は「左遷の日」といわれる。901年のこの日、右大臣の菅原道真が九州の大宰府に左遷された。「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」と詠み、この日、都を旅立った。そして道真は無念の思いを抱きながら、2年後に亡くなった。のちに道真は「学問の神様」として神格化されたが、道真の詩文には偽作と思われるものが数多くある。もっとも有名な「東風吹かば」の歌には2種ある。初出は「こちふかばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわするな」(拾遺和歌集巻第14雑春)もう一つは「東風吹かばにほひおこせよ梅の花主なしとて春な忘れそ」(宝物集)。一般に「春な忘れそ」のほうが人口に膾炙していると思われる。歌は道真が宇多法皇に別れ際に詠んだとされるが、いずれにしても道真の死後から100年から180年も経って世に現れた歌である。漢学者の道真の真作であるとは考えにくいが、仮託が許される文学風土なので、この歌にケチをつける人は誰もいない。(1月25日)

日本最低気温の日

  1902年のこの日、北海道の旭川市で、日本の最低気温の公式記録氷点下41℃を記録した。世界一はロシア・サハ共和国オイミャコンで氷点下53℃を観測している。(1月25日)

法然忌

5ivq4flw1pkog0

    1212年1月25日、浄土宗の開祖、法然上人は京都東山大谷で没した。もとは陰暦1月18日より25日まで法会が行われた。今は4月25日の京都知恩院の大法会が有名である。京都鹿ケ谷にある法然院はこじんまりとした庭であるが、苔むした茅葺屋根の山門、白砂壇、周りの紅葉、奥の方の杉苔が風情をさそう。近くに西田幾太郎の歌碑や谷崎潤一郎の墓などがある。

    法然は長承2年4月7日、美作国久米の押領使・漆間時国と母・秦氏君との子として生れる。

Img_1706969_44395918_0 Img_1804204_63061668_9
    西田幾太郎歌碑           谷崎潤一郎夫妻の墓

永遠のチャンピオン

Photo
 事故現場・大曲カーブには現在も「カーブ先 合流注意!」の標識がある

  大場政夫は昭和48年1月25日の朝、いつものように愛車の白いスポーツカーで帝拳ジムに向った。だがジムに現れることは2度となかった。時速100キロのスピードの車は新宿区新小川町3丁目の首都高速5号大曲カーブを曲がり切れず、中央分離帯を乗り越え反対車線に出たところで、大型トラックと正面衝突。大場は世界フライ級チャンピオンのまま帰らぬ人となった。パワー、スピード、センス、勇気、すべてを持ちあわせた天才ボクサーだった。

カノッサの屈辱、どっちが勝ち?

Img_1537168_27540274_0
   教皇グレゴリウス7世(在位1073-1085)に廃位と破門を宣告された神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世(在位1056-1106)は、王妃、王子と数名の従者を伴い、1076年の暮れ、教皇に謝罪するため、ひそかにブルグンド王国にむかって旅立った。それは異常な寒波がおそった冬だった。国王の一行はブルグンド王国の首都ブザンソンで、護衛の一隊をととのえて、アルプスを越え、おりからグレゴリウスの滞在するカノッサ城外に到着した。

   ところが、グレゴリウスはなかなかハインリヒに会おうとしなかった。しかしトスカナ女伯マティルダの仲介により、ハインリヒは、三重の城門の第二門のなかに入ることを許された。1月25日から27日までの3日間、かれはただひとり、無帽、はだしで、わずかに粗毛の修道衣をまとったまま、雪の上に立ちつづけ、やっと城門をといてもらうことができた。これがカノッサの屈辱とよばれる事件である。ところがカノッサ事件は、これで終わらなかった。

    その後、諸侯を武力で制圧したハインリヒ4世が教皇に軍を差し向け、1084年、ローマを包囲した。グレゴリウス7世は、なんとか追っ手を逃れて脱出したが、翌年、二度とローマに戻ることなく亡くなった。その後も、皇帝と教皇の争は、1122年にウォルムス協約が成立するまで、30年以後も続くものの、ハインリヒとグレゴリウスの闘争は、ハインリヒが勝利をおさめたのである。だが東京大学教授・堀米庸三は次のようにみている。「カノッサ事件は、しばしばいわれるようにハインリヒのグレゴリウスに対する外交的勝利であったのだろうか。短期的な見通しに立てばそういえないこともない。だが、いってみればこれは楯の一面にすぎない。カノッサがたとえ一つの演戯にすぎなかったにせよ、そのような方便に訴えざるをえなかったところにハインリヒの精神的敗北がある。これはハインリッヒが結局、法王をドイツ国内の問題に関し裁定者として認めたことを意味し、1075年12月8日の法王側の要求に屈服したとみるほかないのである」と。(「岩波講座世界歴史10」1970)

    歴史事件を皮相的にみるのでなく、多元的、複眼的にみることは必要だ。あなはカノッサ事件をどうみるでしょうか。

姫路城と池田輝政

O0640048011754471069

    元弘3年(1333年)、赤松則村(あかまつのりむら)が一時陣城を置き、正平元年(1346年)、赤松貞範(あかまつさだのり)が城郭を築いた。天正8年(1560年)、羽柴秀吉が修築、中国地方経略の居城として三層の天主を建てた。慶長5年(1600年)、池田輝政が入り、慶長13年頃まで大改築した。その後、豊臣秀頼の未亡人千姫と婚した本多忠刻(ほんだただとき)が父とともに入城、千姫のために西の丸を経営した。以後、親藩、譜代の10万石ないし15万石程度の要人が入り、明治維新に至った。

   城は山陽道に沿い播磨平野の中央にあり、高さ45メートルの丘を中心に渦巻状に2巻き、時計と反対の方向に巻いている縄張になっている丘上に本丸・二の丸・三の丸・西の丸をおいて内曲輪とし、その周囲の平地に中曲輪・外曲輪がある。内曲輪はほぼ円形の平面をなしており、堅固な石垣をめぐらしている。中曲輪はおおむね石垣と水濠、外曲輪は土塁と水濠で囲んでいる。天守は本丸の中央にあり、大天主のほかに三つの小天主を多門で連結した連結式天守閣で、五層六重穴倉一重で白壁総塗籠造(ぬりごめづくり)。初層の東側、二層の南・北側に軒唐破風(のきからはふう)をつけ、その下に出窓風な張出しを設けたこと、四、五層に軒唐破風を設けたことなどが特徴である。櫓は40棟、渡櫓18棟、多門40棟、長局8棟で、櫓の主なものには片仮名の「イロハ」で、門の主なものには平仮名の「いろは」で名付けられていた。内曲輪は大体保存され、中・外曲輪は破壊されて市街になった。

   池田輝政の法要が増位山随願寺で行われる。輝政は慶長18年1月25日、姫路城で急死する。享年50歳。豊臣秀吉の呪いとも噂される。

2015年1月24日 (土)

タベルナという食堂

Photo   スペイン語ではニンニクのことを「アホ(ajo)」、牛のことを「バカ(vaca)」という。そして極めつけは、「タベルナ」というレストランがある。エトルリア語を語源とするラテン語でギリシア、イタリア、スペインで使われる。もともとは「みすぼらしい部屋」という意味だったが、小料理と酒(ワイン)の店を「タベルナ」と指すようになった。

2015年1月23日 (金)

スクリーン外国映画96年ベストテン

  1996年度日本公開の外国映画の中から雑誌スクリーン執筆者が10作品を選出。1位は「ファーゴ」フランシス・マクドーマンド、雪深いアメリカの田舎町を舞台に、ほんの手違いで単純な偽装誘拐から血生臭い殺人へと発展していく犯罪事件を描く。2位「秘密と嘘」ブレンダ・ブレッシン、養子として育てられた女性が実の親を探し、その家族の中に入っていくことから明かされる、家族をめぐる秘密と嘘、そこから生まれる新しい家族の姿と和解を描くヒューマン・ドラマ。3位「ユリシーズの瞳」ハーヴィ・カイテル、4位「いつか晴れた日に」エマ・トンプソン、ケート・ウィンスレット、5位「セブン」ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、6位「イル・ボスティーノ」マッシモ・トロイジ、7位「リーピング・ラスベガス」ニコラス・ケイジ、エリザベス・シュー、8位「大地と自由」イーアン・ハート、9位「デッドマン・ウォーキング」スーザン・サランドン、10位「ユージュアル・サスぺクツ」スティーヴン・ボールドウィン。

Fargo

Artsecretsandlies1620x349

ランぺドゥーザ島

Lampedusa_cartina  イタリア最南端の島ランぺドゥーザ。ここは「アラブの春」以降、ヨーロッパを目指すアフリカからの移民・難民の玄関口となっている。しかし2013年10月には多数の難民を乗せた船が転覆し、多くの人が死亡している。 Lampedusa

累の墓

Photo_2  鶴屋南北の「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」や三遊亭円朝の「眞景累ヶ淵」などの怪談もので知られる累(かさね)の墓が茨城県常総市羽生町の法蔵寺にある。創作と思っている人が多いが、これは実話であり、下総国羽生村に住んでいたお杉という女性の事件である。舞台となったところは、江戸時代は鬼怒川水運の河港として栄えたが、明治時代以後は衰えた。戦後は水海道(みつかいどう)市となったが、おどろおどろしい怪談の市として衰退の一途であった。2006年、常総市と改称したが、既存の市が周辺の町村を編入して改称するというケースは珍しい。怪談の舞台というイメージを払拭したいのだろうか。

2015年1月21日 (水)

スクリーン外国映画92年度ベストテン

   1992年度日本公開外国映画の中から雑誌スクリーン執筆者が10作品を選出。1位は「美しき諍い女」エマニュエル・べアール、ミシェル・ピコリ。4時間に及ぶ上映時間もさることながら、エマニュエル・べアールのヘアが猥褻か芸術かで物議をかもした問題作。2位は「フライド・グリーン・トマト」人生に目的を失った中年主婦が、老人ホームで知り合った老女の昔話を聞くようになる。老女の語る南部田舎町のさまざまな物語は、主婦に生きることの価値を再び教えてゆく。キャシー・ベイツ、ジェシカ・タンディ、メアリー・スチュアート・マスターソン、メアリー・ルイーズ・パーカー、3位「フィッシャー・キング」ロビン・ウィリアムズ、ジェフ・ブリッジズ、4位「JFK」ケビン・コスナー、シシー・スぺイセク、ショー・ペン、5位「バートン・フィンク」ジョン・タトゥーロ、ジョン・グッドマン、6位「仕立屋の恋」ミシェル・ブラン、サンドリーヌ・ボネール、7位「愛人 ラマン」ジェーン・マーチ、レオン・カーフェイ、8位「プリティ・リーグ」トム・ハンクス、ジーナ・ディビス、9位「こうのとり、たちずさんで」マルチェロ・マストロヤンニ、ジャンヌ・モロー、10位「クーリンチェ少年殺人事件」チャン・チェン、リサ・ヤン。

Photo_6

Photo_7

ラグビーと青春

    「空に燃えてるでっかい太陽 腕にかかえた 貴様と俺だ」と布施明が歌う「貴様と俺」は夏木陽介主演の「青春とは何だ」の挿入歌だ。ドラマの山場に流れるので主題歌よりも有名になった。むかしの学園ドラマはラグビー、サッカーなどの球技クラブを主体に熱血教師の奮闘ぶりを描くので、試合のシーンが多い。「貴様と俺」は永遠の青春の応援歌となった。そして青春ドラマの花形スポーツといえばサッカーよりもラクビーがまさるように思う。「青春とは何だ」「でっかい青春」(竜雷太)「われら!青春」(中村雅俊)「スクール・ウォーズ」(山下真司)はラグヒーを通じて友情、団結、純愛を描く青春ドラマだった。

  「紳士が行なう獣のスポーツ」と形容されるラグビー。正式名称は「ラグビー・フットボール」という。イギリスのパブリック・スクールで各校独特のルールで盛んにおこなわれていたが、1823年ラグビー校におけるゲーム中興奮のあまりウィリアム・ウェブ・エリスが規則と慣習に反して相手のキックを受けてそのまま走ったことが契機となってラグビー・ゲームの特徴が創始されたと言われている。また一説にはエリスは興奮のあまりボールを受けて走ったのではなく、彼が故郷のアイルランドでやっていたゲーリック・フットボールのプレーをそのままやったにすぎないともいわれている。ラグビーとサッカーがさまざまな点で類似するのはその起源を同じくするためである。

220pxebclarke  日本で初めてラグビーを指導したのは明治32年の秋、イギリス人英語教師エドワード・ブラムエル・クラーク(1874-1934)が慶応義塾の学生たちに伝えたのが最初とされる。クラークはまだ日本語が上手でないため、ケンブリッジ大学で同級生だった実業家の田中銀之助(1873-1935)にコーチを依頼し、共に学生たちの指導を始めた。(因みに田中銀之助は「天下の糸平」といわれた田中平八の孫である)当初は、麻布の仙台ヶ原(現在の南麻布一丁目)の野原をグラウンドにして練習していた。その前からあった横浜の外人クラブと明治34年に最初の試合が行なわれた。明治43年には京都第三高等学校、明治44年には同志社大学、大正7年には早稲田大学ラグビー蹴球部が創部された。昭和4年に大阪に花園ラグビー場が、昭和22年に港区青山に東京ラグビー場(現・秩父宮ラグビー場)がラグビー専用競技場として誕生した。日本におけるラグビーは大学・社会人を中心に発展してきたといえる。

日本最初のマラソン優勝者は金子長之助

Photo_4

   日本最初のマラソン競走は1909年、神戸~大阪間の阪神国道で行われた。ただし距離は20マイル、32㎞で、42.195㎞ではない。大阪毎日新聞社主催で、はじめて「マラソン」と名づけた競走である。出場選手20人のなかで、岡山県在郷軍人の金子長之助(1883-1969)が2時間10分54秒で優勝した。賞金200円と金時計をはじめとする多数の賞品が贈られた。(参考:棚田真輔「明治期における神戸の健脚競走に関する史的研究」 交友プランニングセンター 1994)

Photo_5
秩父宮記念スポーツ博物館には選手たちの履物が展示されている

 

時間

Photo_3   韓国ドラマを見ていると、「おぉ、日本語といっしょ!」と思うことがある。「冬のソナタ第10話」サンヒョクが入院している。ユジンは心配しているものの見舞いに病院へ行かない。元気のないユジンにミニョンは病院へ連れ出す。「ネガ、サンヒョクシハンテ ブロウンゲ タッカンガジガ インヌンデ ムカルコガッタヨ?シカン」(僕は一つだけサンヒョクさんが羨ましいんですが、何だと思いますか?時間です) 時間(シカン)だけは聞き取れる。日本語の発音と似ている韓国語でドラマでよく出てくることば。約束(ヤクソク)、家族(カジョク)、茶(チャ)、無理(ムリ)、気温(キオン)など。

俊寛と有王丸伝説

Photo_2   三重県桑名市矢田に「有王塚」という句碑がある。正面には「塚になけ わが泣くあとを 友千鳥 句仏」とある。平家物語に登場する俊寛に関連する伝説がある。俊寛には幼いときから可愛がっていた有王丸という少年がいた。有王丸は人目を避けて隠れ住んでいる俊寛の娘をたずねて流罪中の俊寛の様子を見てくるという。有王丸はただひとりで鬼界ヶ島へ向かって旅立った。少年にとってはつらい旅だが主人をしたう心だけが有王丸を支えていた。行く先々で人に怪しまれ衣服を奪い取られるなど苦難の旅を続けた有王丸はようやく鬼界ヶ島にたどりついた。そして俊寛と再会し、12歳になる姫の手紙を渡した。そして俊寛は有王丸と会ってから23日目に37歳でその生涯を終えた。有王丸は俊寛の遺骨を抱いて持ち帰り、高野山奥院に納めたと伝えられる。一説では、有王丸は行脚の途中、病気となり、りん崇寺門前で生き倒れて死んだという。この桑名の地に塚がつくられたらしい。有王丸が実在したかは定かではない。平家物語には有王丸という侍童は述べられておらず、潤色されて有王丸が登場するのは後代の俗書のみである。しかし、少年が長旅の末に、疲れて行き倒れて死ぬという話は痛ましく涙をさそうものである。芥川龍之介「俊寛」には有王丸が登場する。

オンリー・ユー

Photo   マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jrのラブコメ。少女の頃に占いでデイモン・ブラッドリーという名前の男が自分の運命の人だと信じてきたフェイスは結婚をま近にひかえて、イタリアへ旅する。親友のケイト(ボニー・ハント)も同行し女2人の珍道中が始まる。ベニスやローマと転々として、ついにデイモンにめぐり逢う。俳優はなんとタイタニックの悪役ビリー・セインだ。彼は偽物で、最後は靴職人のロバートと結ばれてハッピー・エンド。「魅惑の宵」「ベニスの夏の日」「ローマの休日」のパロディが随所にある。

清張ドラマ

   松本清張生誕105年記念としてこの冬、BS・CSでは清張作品を多数放送している。清張は1909年に福岡県で生まれたことになっているが、実際は広島市である。82歳で亡くなるまでの約40年間で短編を含め千篇以上を執筆し、その多くが映画・ドラマ化されている。いま放送中は「中央流砂」「虚飾の花園」「一年半待て」「ゼロの焦点」「迷走地図」「馬を売る女」「内海の輪」「時間の習俗」「波の塔」「突風」「白い闇」「張込み」「霧の旗」「聞かなかった場所」など。何度も映画・ドラマ化された作品もあるので、製作年代でテイストがちがう。時代背景を現代にかえて、ケータイやメールがでてくるのもある。昨夜みた「球形の荒野」は原作に忠実なほうで火曜サスペンス劇場で放送された作品だが、三船プロが加わっているので三船敏郎はじめキャストが豪華だった。(6年前の松竹作品では芦田伸介) 島田陽子は映画版、ドラマ版と2度ヒロインを演じている。3月テレビ東京放送予定の剛力彩芽主演の「黒い画集~草」は現代の医療問題をテーマとしているらしい。

2015年1月20日 (火)

猫背

Congenitalkyphosis1   パソコンや読書など長時間前傾姿勢でいると、どうしても背中が丸くなって猫背になることが多い。

   猫背、医学用語で脊柱後湾症。英語で言うカイフォシス(Kyphosis)は、悪い姿勢の代表だと考えられる。この姿勢は胸とへその距離を縮め、首、肩、関節及びそれらの筋群の機能を低下させ、更には呼吸・循環機能にも悪影響を与える。一般的な猫背は、機能的猫背であり、永久的なものではない。お年寄りに多く見られる。骨粗鬆症などに起因する猫背、英語で言うハンプバック(humpback)とは異なる。ハンプバックは、骨量の減少により胸椎前方がくさび型化されたために起こるもので、骨そのものが変形しているため治ることはない。

8580018_orig

2015年1月19日 (月)

英語が入った歌詞

31680e8b   舟木一夫の「高原のお嬢さん」「♪あの人に逢いたい、たまらなく逢いたい~リーフ、リーフ」夏の恋が終わって、今はもう秋…枯れ葉が散る季節となった。リーフとは「葉っぱ」のこと。当時としては斬新な歌詞だったが、漫談の牧野周一が「リーフとは何ですか」と茶々を入れていた。でも時代は移って、歌詞に英語が入るのは当たり前になった。安室奈美恵の曲などデビュー曲を除いて全部英語のタイトル。とくに結婚式の定番となった「CAN YOU SELEBRATE?」。canは「~してくれる」の意味で「(結婚を)祝福してくれる?」の意味らしいが外人にはさっぱり通じないとのこと。ドラマ「バージンロード」のテーマ曲で、和久井映見が不倫の子供ができて、反町に代理の夫になってと頼む。つまり「こんな私だけど、みんなが祝福してくれるなんて、おそれおおいわ」という意味らしい。

コタンの口笛

Img_0005

   「コタンの口笛」は昭和32年の石森延男(1897-1987)の児童文学で第1回未明文学賞を受賞し、昭和33年にはNHKでドラマ化され(主演・武部秋子、山崎猛)、昭和34年には成瀬巳喜男監督で東宝映画「コタンの口笛」(主演・森雅之、久保賢、幸田良子)が制作されている。

    アイヌを父としてシャモ(日本人)を母とする畑中マサは中学3年生。弟ユタカは中学1年生。父イヨンは日雇いで、母は早くなくなっている。星一徹と同じ家族構成である。ちなみに映画版で、教室で金がなくなった件でマサがクラスメイトから嫌疑をかけられるシーンがあるが 、アニメ版「巨人の星」でも同様の話があった。

    アイヌの子であるばかりに、シャモの子にいじめられる。町の百貨店経営者の娘後藤ハツと弟のゴンは、マサやユタカと同級であるが、ふたりに対し、ばかにしたり、つらくあたったりした。ある日、ユタカは、ゴンに「この者売り物なり」という紙を背にはりつけられ、とうとう決闘を申し込む。しかしユタカは、ゴンの友だちのサボにバットでなぐられ、失神してしまった。

   それ以来、酒飲みだったユタカの父は禁酒して、きこりとなり、新しく生活をたてなおそうとしていた。

    マサは図画の谷口先生が好きで、美術展入選作「湖畔の少女」のモデルになったりした。

   ある日、父は倒れる木の下敷きになって死ぬ。叔父の金二が姉妹を町へ行かせては働かせる。家は売られて、二人はコタンの部落をでていく。映画「コタンの口笛」でマサを演じた少女スター幸田良子はわずか2年で映画界から消えた。「コタンの口笛」「愛の鐘」「恐るべき火遊び」「夜の流れ」わずか4作品しかない。

Photo_5
  石森延男


 

2015年1月18日 (日)

枕の歴史

Photo_3   1865年リンカン大統領が暗殺された。翌日ピーターセンハウスで死去したが、現在リンカンがこのとき使用した血がついた枕が展示されている。英語で枕はピロー(pillow)だが、世界各国で枕を意味する言葉は全然違う。これは枕がそれぞれの民族で大昔から使用されてきたからである。では人類が枕を使い始めたのはいつ頃からか。アウストラロピテクスの頭蓋骨の下に、砕石が敷かれていたことから猿人のとき、すでに使われていたと考えられる。現在のようなフカフカ枕は12世紀のヨーロッパにさかのぼる。この頃、アラブ人が広く使っていたクッションが、十字軍の遠征によってヨーロッパにもたらされ、まくらとして使われるようになった。

Photo_4


英語   ピロー pillow

ドイツ語 キッセン Kissen

フランス語 オレイエ oreiller

イタリア語 クシーノ cuscino

スペイン語 アルモアーダ almohada

ギリシア語 プロスケパライオン 

ロシア語 パドゥーシカ

韓国語  ぺゲ

ベトナムコーヒー

Photo_2

   ベトナム語でコーヒーは「カフェ(caphe)」。フランス語と読みが同じです。19世紀フランス統治時代にコーヒー栽培がフランス人によって持ち込まれた。現在、コーヒー輸出高はブラジルを抜き、ベトナムが世界第1位となった。生産量は依然としてブラジルが首位であるが、ベトナムが2位、コロンビアが3位である。

アグネス・チャンの秘密

Photo   アグネス・チャン(陳美齢)は1972年「ひなげしの花」でアイドル路線で売り出したが、もともと香港ではメッセージ性の強いフォーク歌手だった。デビュー曲はバフィー・セントメリーの「サークル・ゲーム」(團転的人生)。映画「いちご白書」でエンディングテーマで使われた曲として知られる。反戦フォークを日本で歌うことはあまりなかったが、「恋のシーソーゲーム」や「ポケットいっぱいの秘密」などカントリー調の曲をいくつかリリースしている。「ポケットいっぱいの秘密」(作詞・松本隆)には歌詞に隠された秘密がある。

なた草のうえ

っすり眠っていた

顔やさしくて

きよってささやいたの

  頭一文字を繋げると「アグネス」となる。

 

 

2015年1月17日 (土)

豊臣秀吉とカラスミ

Eb287919fbfa40f2e5a6314fe867e61c    長崎名産カラスミ。ボラの卵巣を塩乾燥したもの。さだまさしの歌に奥さんがカラスミを煮てしまった失敗談がある(「朝刊」)。焦げない程度に火で炙って食べる。

  天正16年、豊臣秀吉が肥前の名護屋にいたとき、長崎代官鍋島飛騨守信正がカラスミを献上した。秀吉がその名を尋ねたので、形が唐の墨に似ているので、「唐墨」と答えたことから、その名がついたという。越前のウニ、三河のコノワタとともに天下の三大珍味と称した。

イタリアではボッタルガと呼ばれるが、必ずしもボラの卵巣だけを使用するものではなく、タラやマグロなどの海産魚の卵巣を利用する製品もある。ほぐして、パスタにあえて食べることが多い。(Bottarga)

2015年1月16日 (金)

「恋うたランキング」1位はモンパチの曲

Photo_2   Mステ「恋うたランキング」10代から60代の男女3000人が選んだ「恋うたランキング」。10位がプリンセス・プリンセスの「M」。以下、嵐「One Love」、一青窈「ハナミズキ」、尾崎豊「I LOVE YOU」、YUI「CHERRY」、ドリカム「未来予想図付Ⅱ」、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」、GREEEEEN「愛歌」、2位ドリカム「LOVE LOVE LOVE」。そして居並ぶ名曲を押し分けて第1位に輝いたのは沖縄のバンドMONGOL800の代表曲「小さな恋のうた」であった。司会のタモリも「意外でしたね~」と言っていた。若い人々の選曲がいかに多様であるかをものがたる。J-POPに限定しているが歌謡曲の恋うたランキングはどのようになるだろか。「影を慕いて」「酒は涙か溜息か」「君恋し」「好きだった」「骨まで愛して」「恋あざみ」「また逢う日まで」「別れても好きな人」「つぐない」「夢追い酒」「さざんかの宿」など。洋楽ではチャップリンの「スマイル」、「ムーン・リヴァー」、「愛の讃歌」、「慕情」、「雪が降る」、「いとしのジジ」、「オール・ザ・ウェイ」、「砂に消えた涙」、「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」、「The Shadow of Your Smile」(いそしぎ)、ビリー・ジョエル「オネスティ」などをエントリーする。

Photo_3

故郷にちなんだ四股名

   むかしの四股名には出身地にちなんだものが多い。若秩父(埼玉県)、青葉城(宮城県)、天竜(静岡県)、安芸ノ海(広島県)、栃赤木(群馬県)、栃乃和歌(和歌山県)、恵那櫻(岐阜県)など。横綱の輪島は石川県出身ではあるが四股名ではなく本名である。現役幕内・十両力士では隠岐の海をはじめ土佐豊、大砂嵐、豊響、阿夢露、北磻磨が故郷にちなんだ四股名である。

ヨーロッパEUの歴史

53_map

    EU(欧州連合)は現在28か国にまで拡大している。19世紀以降、ヨーロッパではほぼ言語ごとにまとまった国家が領土などをめぐって対立し、しばしば大きな紛争に発展した。第二次世界大戦ではヨーロッパのほぼ全土が戦場になり、多くの犠牲者が出た。その反省から、戦後、国家を超えた連合を作ろうという動きが生まれた。1952年、西ドイツ、フランスなどの6か国が、ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)を発足させた。さらに1958年、西ドイツ、フランス、イタリアなど6か国がヨーロッパ経済共同体(EEC)を結成した。EECは、1967年には、ヨーロッパ共同体(EC)へと発展した。これが現在のEU(ヨーロッパ連合)の母体となっている。1991年、オランダでマーストリヒト条約が合意され、EU・ヨーロッパ連合を作ることが決まった。こうして1993年に発足したEUは、人・物・資本・情報が国境を越えて自由に行き交う、政治・経済両面での統合をめざしている。

   1985年に始まったシェンゲン協定により、調印した国同士では、国境の出入りにパスポートの必要がなくなり、移動が自由化している。EUの共通通貨であるユーロは、2002年1月に流通を始めた。ユーロの導入国はドイツやフランスなど16か国。経済大国であるイギリス、デンマーク、スウェーデンは、今のところユーロは導入されていない。2009年のリスボン条約に基づきファンロンパイEU初代大統領(ベルギーの政治家)が就任した。

相撲部屋のグループ

Photo

   大鵬ら数々の強豪力士を輩出しながら一度は閉鎖された二所ノ関部屋が、昨年12月に松ヶ根部屋からの名称変更で復活した。現在相撲部屋は全部で44部屋となっているが、系統でグループ分けすると6大一門となる。出羽海一門、二所ノ関一門、時津風一門、高砂一門、伊勢ケ浜一門、貴乃花一門。四股名でだいたい力士がどこの部屋か分かることが多い。栃東の栃や佐田の山の佐田がつくと出羽海一門。琴がつくと二所ノ関一門。千代がつくと高砂一門。旭がつくと伊勢ケ浜一門。

鶏と卵の世界史

Chickenandegg   鶏は約5000年前にインドで家禽化された。家禽化された鶏は、ペルシア→エーゲ海→ギリシアの道筋と、黒海→ドイツ→イタリア→イギリスの道筋を通って西方へ伝えられ、一方東方へは中国を経て日本へ伝えられた。わが国には紀元前にすでに鶏がはいっている。鶏を経済動物として最初に改良したのは古代ローマ人であったが、ゲルマン人のローマ侵攻で鶏の改良は放棄された。その後19世紀のイギリスによって養鶏が始まった。19世紀後半には現在実用的に使われている多くの品種が主としてイギリス、アメリカ両国で成立した。日本で鶏が飼われるようになったのは古墳時代からであるが、仏教が伝来すると鶏や卵を食べることが禁じられた。後に南蛮人が渡来してその影響で卵を食べ、しだいに親鳥も食べるようになった。大規模な養鶏場は発達せず、一般に卵を食べるようになったのは目玉焼き、オムレツといった西洋料理を知るようになった明治時代からである。

Littlemundenliburypoultryfarm20smal

2015年1月15日 (木)

屋上に新ビストロをオープン!?

   新番組「問題のあるレストラン」男社会で働いていた田中たま子が同僚や知り合いを集めてビストロをオープン。なんと雑居ビルの屋根のない屋上レストラン。脚本は「最高の離婚」の坂元裕二。真木よう子、YOU、臼田あさ美、二階堂ふみ、高畑充希と個性的な顔ぶれ。極度の人間嫌いの家出娘の正体は不明。松岡茉優が扮しているらしい。

朔太郎の姉、妹

Photo_3  「世界の中心で、愛をさけぶ」映画では朔太郎の姉は何と尾野真千子だったが、ワン・シーンの出演。ドラマでは姉ではなく、芙美子という名の妹を夏帆が演じている。祖父が文学好きで、林芙美子からとったという。

夜寝る前にちょっと聴く曲

Celebritieswhodiedyoungimagecelebri   最近なかなか眠れない。寝具が合わないのかと、枕や布団をいろいろ取り替えて試してみるがやはり寝つけない。ビデオやパソコンをして目を疲れさしてみたが効果はなかった。昨夜は寝る前にちょっと音楽を聴くことにした。とりだしたCDはウェス・モンゴメリーのギター。「酒とバラの日々」「カナディアンサンセット」「そよ風と私」「フォー・ヘヴンズ・セイク」など14曲。1960年代のモダン・ジャズの雰囲気。都会的で寂しげで孤独な心をなごませてくれる。僕は死ぬ直前までこの曲を飽くことなく聴き続けるだろう。

庭訓(ていきん)

Photo

  漢字の熟語にとことん強くなる!「庭訓」孔子が庭で、子の鯉に対して、詩経や礼経を学ばなければならないことを教えたという故事から、「庭訓(ていきん)」しつけ、という語が生まれた。

乖剌 (かいらつ) そむくこと

夸言 (こげん)  ほら

騁鷔 (ていぶ)  走り回ること

2015年1月14日 (水)

四角な座敷を丸く掃く

Photo   四角な座敷を掃除するのに、まん中だけを丸く掃いてすますところから、横着でいいかげんな仕事のたとえ。チャップリンの言葉に「アメリカ人は四角い部屋を丸く掃くが、日本人は四角く掃く」がある。これはチャップリンの自伝に登場する秘書の高野虎市(画像、こうのとらいち 1885-1971)のことで、細かいところまで気を配る勤勉な人だった。しかし「四角な座敷を丸く掃く」の逸話は寛永の頃の老中、土井利勝(1573-1644)の逸話で知られる。家康、秀忠に仕え、家光のとき、後の大老にあたる職に就いた。後任者に大老の心得をきかれて、「四角な座敷を丸く掃くようになされよ」と答えたという。つまり、政治の大局に立つ者は細かいことまで厳しくせず、見逃していいところは見逃せという教えである。言葉の起源は正反対の意味で使われたのである。なお土井利勝には家康の庶子説がある。(大島四郎「佐倉城主土井大炊頭利勝」 佐倉地方郷土文化研究同好会 1957、鷹見安二郎「土井利勝」)

ちょっとシュールな感じの映画がステキ

92ca82e882cc90_94e982c697j9ft   キリコの絵は自分がかって、この光景を見た、という不思議な憂鬱、そして不安感と幸福感をもたらす。精神分析でいう「既視感(デ・ジャブ)」である。アニメ「千と千尋の神隠し」の冒頭シーンに古い階段に立ち並ぶお店や料理屋。大正か昭和の初めころに似た風景だが、台湾の九份茶坊がモデルといわれる。本当はみたことはないのだが、どことなく郷愁をさそう。キリコの絵も本当は見たことはないのに、「どこかでみた風景」を感じさせる。明石知幸監督の「キリコの風景」(1998年)。刑務所から出所した亭主が別れた妻・霧子を探して、函館の町をさまよう話だが、超能力がついてどこかシュールな感じがする。興行的には失敗しただろうが、小林聡美はこの後「かもめ食堂」「めがね」「プール」と続くシュールな感じの先駆的作品となった。アラン・レネの晩年の作品「風にそよぐ草」(2009年)を見た。流石にフランス映画のシュールな感覚はすばらしい。盗まれた財布をきっかけで、初老の男女が魅かれあうプロセスをコミカルに、そしてシュールに描いている。題名はアスファルトの隙間に咲く草にも、人を愛する情熱は絶えることがない、といつたような意味であろうか。ラストで飛行機があっけなく墜落して死んでしまうのもシュールな結末である。

Cinemaniablog_herbes_folles_resnais
 サビーヌ・アゼマ、アラン・レネ、エマニュエル・ドゥヴォス、アンドレ・デュソリエ

態々(わざわざ)

Kashiwayawari1  銚子の手焼きせんべい「わりわり(態々)」。態々遠回りしても買いたい名物。

態態を「わざわざ」と読む。日本語は難しい。

然程心配することはない(さほど)

追而合格の連絡をする(おって)

鳥渡お時間をいただけますか(ちょっと)

君のためなら仮令火の中水の中(たとえ)

只管勉学に励む(ひたすら)

世の中の動きは目紛しい(めまぐるしい)

夕暮れ時は心悲しい(うらがなしい)

「山があるのに山梨県」ご当地文学

1d4d9087ff0a9b793ac357aaa2c4887fdb1   山梨では江戸期以来、俳句の盛んな土地柄だった。飯田蛇笏も幼少期から俳句に親しんだ。「芋の露連山影を正しうす」蛇笏は山梨の山間で生涯、俳句を創作した。深沢七郎は石和町の生れで、「楢山節考」「笛吹川」などの作品で反響を呼んだ。江戸の庶民を描いた山本周五郎は大月市の生れ。太宰治は御坂峠に滞在した体験から「富嶽百景」が生れた。林真理子「葡萄が目にしみる」

冬子のブルース

493249618_m   増位山の歌には女性の名前がついた曲が多い。「そんな夕子にほれました」「夕子のお店」「冬子のブルース」。小林旭の歌にも「昔の名前で出ています」にはたくさんの名前が出てくる。旭はほかに「和子」「幸子」「並子」「麻衣子」「夕子」「ゆきこ」「ゆき子は銀座を離れます」がある。ホステスの源氏名でほんとの名前はわからない。「純子」はほんとうの名前かもしれない。千昌夫「アケミという名で十八で」、内藤國雄「おゆき」、長渕剛の「順子」やばんばひろふみ「SACHIKO」、ニックニューサ「サチコ」。

   女性名前で一番古いのは津村謙「上海帰りのリル」(1951年)、続いてフランク永井「霧子のタンゴ」(1962年)あたりだろうか。

2015年1月13日 (火)

宮城県ご当地文学

Image01    宮城県でいちばん有名なのは詩人の土井晩翠(画像)。国文学者、落合直文(気仙沼)。劇作家、真山青果(仙台市)。宮城県が舞台になった作品には、真山青果「南小泉村」、魯迅「藤野先生」、井上ひさし「青葉繁れる」、伊坂幸太郎「重力ピエロ」、瀬名秀明「パラサイト・イヴ」、佐伯一麦「鉄塔家族」。志賀直哉は石巻で生まれたが、2歳のとき東京へ移転しており、記憶にはない。

2015年1月12日 (月)

トレヴィの泉で二度目の恋を

シャーリー・マクレーン演じる老女が隣室に引っ越してきた老人クリストファー・プラマーと仲良くなり、憧れのトレヴィの泉で戯れる場面がある。フェリーニ監督の名作「甘い生活」のオマージュ。シャーリーは「いつか甘い生活のアニタのようにトレヴィの泉で愛を語り合うのが夢よ」と。「甘い生活」(1960)でヒロインを演じたアニタ・エグバーグさんが11日、ローマで死去した。83歳だった。

Photo_9


Ladolcevita

土佐の「いごっそう」

Photo_5   土佐の「いごっそう」とは「異骨相」「威豪相」などと書かれ、「頑固一徹で筋を通す、どこか憎めない男の人」の意味。これに対して、女性は「はちきん」と言われる。代表的な人物は坂本龍馬、浜口雄幸、吉田茂。吉田茂の実父・竹内綱(1841-1922)は、天保10年、土佐国宿毛に生まれる。竹内家は土佐藩主山内家に仕える伊賀家の家臣であった。大江卓の父・斎原弘も伊賀家の家臣であった。大江卓(1847-1921)は幼名を斎原治一郎といい、弘化4年、柏島で生まれたが、嘉永6年、父が宿毛に帰るに従い、宿毛で成人している。つまり竹内綱と大江卓とは自由民権の人脈でつながっている。明治の自由民権思想家・中江兆民(1847-1901)の娘・千美は竹内綱三男・虎治の妻である。

    高知県宿毛市は人口3万人ほどの小都市であるが、なぜか明治以来多数の逸材がでている。政治家でいえば、総理大臣と5人大臣がいる。吉田茂(1878-1967)は戦後外相を経て、吉田内閣を5度組織し、日本の復興に大きな役割を果たした。岩村通俊(農商務大臣、1840-1915)、林有造(通信大臣・農商大臣、1842-1921)、岩村通世(司法大臣、1883-1965)、林譲治(厚生大臣、1889-1960)である。

    このほか、岩村三兄弟の一人、岩村高俊(1845-1906)などの政治家、小野梓(1852-1886)などの法学者、竹内明太郎(1860-1928)などの実業家など多くの人物がでている。

ふるさと岩手

137436007203013219502

    岩手県の面積は北海道に次ぐ全国第2位の広さ。海岸からは北上山地、秋田県の境には奥羽山脈、その間に流れる北上川の渓谷が美しい。奥羽の山地は寒冷である。とくに北東風(やませ)が強く吹くと、それが直接さらされて冷害が起る。

  近代文学史上、最も国民に愛された詩人は石川啄木(1886-1912)であろう。日戸村に生まれ渋民村(のちに玉山村、現在は盛岡市)に育った。16歳で盛岡中学を退学し、明星歌人となるも、貧窮により苦労し26歳の短い生涯だった。「銭形平次捕物控」の野村胡堂(1882-1963)は紫波郡彦部村(現在の紫波町)の生れ。盛岡中学の一級下に啄木がいた。「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」などの童話で知られた宮沢賢治(1896-1933)は花巻の生れ。岩手県は原敬(1856-1921)、斎藤実(1858-1936)、山屋他人(1866-1940)、米内光政(1880-1948)、後藤新平(1857-1929)、及川古志郎(1883-1958)と政治家、軍人が多い。幕末明治の鉱山学者の大島高任(1826-1901)は近代鉱山業の基礎を築いた。近代的な国語辞典と文典の「言海」「広日本文典」をまとめた大槻文彦(1847-1928)は江戸の蘭学者・大槻玄沢の曽孫になる。

人は2度ブレイクすることはない

Photo_4   ほとんどの人は一生天職といえるものに巡り会うことがないまま、人生を終える。一つでも天職といえるもが見つかればたいへん幸福である。それが社会的に認められて有名人になることを仮に「ブレイクした」と言おう。元都知事の猪瀬直樹は作家から政治家へと転身した。東京五輪の招致に成功し、政治家として栄華をきわめたとき、金銭トラブルで辞任した。「結局、僕は作家だったんだよ」と発言。人生においてブレイクは1回だけである。2回ブレイクする人はほとんどいない。瀬古俊彦も高橋尚子もマラソン界だけである。2つの異なる分野で2度ブレイクした人がいるだろうか?タレント議員は除く。増位山太志郎は大関になり、歌手では「夕子のお店」「冬子のブルース」とヒットを連発して再ブレイクしためずらしいケースである。「冬子」という名前、あんまり幸せじゃない雰囲気がある。「♪冬子、冬子、~冬子」と叫んで、「ほんとの名前は知らないが」というフレーズがしびれる。異分野で名を残した人物はアラビアのロレンス(軍人、考古学者)と森鷗外(軍医、文学者)くらいしか思いうかばない。

四股名あれこれ

  いよいよ大相撲初場所。三横綱や逸ノ城、遠藤が注目される。砂かぶり席に松鶴家ちとせを発見!わかるかなぁ~わかんねぇだろうなぁ~。

   四股名もずいぶんと難しい名が多くなった。豪風(たけかぜ)、鳰の湖(におのうみ)、天鎧鵬(てんがいほう)、磋芽司(さがつかさ)、阿武咲(おうのしょう)など。むかしは、力士の四股名といえば、○○山、△△海、□□川、というように一定のパターンがあった。出身地に因んだ四股名が多かったが、最近ではあまり人気がない。山のつく力士は幕内では栃煌山、松鳳山、碧山など。とくに「川」の四股名をつけた現役力士は安芸乃川(幕下)関取はひとりである。かつて横綱では第2代は綾川五郎次、第5代は小野川喜三郎が江戸時代、第14代は境川浪右エ門が明治10年代、大正・昭和には第34代男女ノ川登三が横綱では最後である。男女ノ川は195センチの長身で人気があった。同じ頃、大関の清水川元吉も人気があった。Photo_2_2 遠藤の新四股名は清水川だそうだ。

  ほかの関取では、旭川、前田川、相模川、幡瀬川、二瀬川、廣川、藤ノ川、若瀬川、黒瀬川、長谷川などが記憶に残る程度である。このような「川」のつく四股名が不人気の原因は、日本の川は護岸改修などでコンクリートに固められ、かつてのような荒々しさがなくなったからではないか、と分析している。

    旭日松という力士が十両にいる。こうや豆腐で知られる食品会社は「旭松」。力士は「あさひしょう」と読むそうである。海苔の老舗「山本山」と同じ四股名の巨漢力士がいたがやはり八百長問題で引退した。幕下39枚目に蘇堅太がいる。「蘇(いける)」は四股名ではなく本名。足腰の強い青年にすばらしい四股名を考えあげてください。

難しい四股名

男女ノ川登三 みなのがわとうぞう

益荒雄宏夫  ますらおひろお

禊鳳英二    みそぎどりえいじ

巨砲丈士    おおづつたけし

名寄岩静男  なよろいわしずお

栃纏勇光   とちまといゆうこう

大蛇潟粂蔵  おろちがたくめぞう

星岩涛祐二  ほしいわとゆうじ

 

超難問文学クイズ

Photo_9     夏目漱石の「三四郎」ってさあ~、「あの柔道のヤツ?」 こんな会話で恥をかいたことがあるあなた。クイズに挑戦して今日から名作文学と仲良くなろう。

問1.文豪夏目漱石が書き残した作品で「漱石三部作」といわれるのは?

問2.志賀直哉「小僧の神様」に登場する仙吉は神田の何屋の丁稚か?

問3.呉承恩の「西遊記」、玄奘がひきつれる従者たち。猿の孫悟空、豚の猪八戒、もう1人はだれか?

問4.「ハムレット」「リア王」「マクベス」と並ぶシェイクスピア4大悲劇は?

問5.有島武郎、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成など作家の自殺は少なくない。明治27年5月、作家の自殺第1号は誰?

問6.女性で初めてノーベル文学賞を受賞したスウェーデンの作家は?

問7.夏目漱石「三四郎」の主人公の姓は何か?

問8.小松左京「日本沈没」で、沈没の最後になる場所はどこか?

問9.スタンダール「赤と黒」。「黒」は僧侶を表す黒衣と考えられるが、「赤」は何か?

問10.世界三大文豪とは、ダンテ、シェイクスピア、もう1人はだれ?

問11.「太平記」40巻は作者未詳とされるが、成立事情が複雑なため高校古典では記していない。研究では誰の作といわれているか?

問12.女性初の芥川賞受賞者は?

問13.久米正雄の小説で「月よりの使者」と渾名された野々宮道子の職業は?

問14.シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリアの町は?

問15.NHK連続テレビ小説「繭子ひとり」の原作者は?

問16.「ワザリング・ハイツ」の作者はだれ?

問17.明治期、ビクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」を「ああ無情」と訳語したのは誰?

答え;問1「三四郎」「それから」「門」。問2秤屋。問3沙悟浄。問4オセロ。問5北村透谷。問6セルマ・ラーゲルレーブ。問7小川。問8茨城県水戸市木葉下(あぼっけ)。問9軍人(軍服)。問10ゲーテ。問11慧鎮(円観)が制作に参画したといわれる。それを玄恵が校訂し、14世紀後半、小島法師らが修正を加え成立したとされる。問12中里恒子。問13看護婦。問14ベローナ。問15三浦哲郎。問16エミリー・ブロンテ。問17黒岩涙香。

青森県ご当地文学

Photo_2  「或るとしの春、私は、生れてはじめて本州北端、津軽半島を凡そ三週間ほどかかって一周したのであるが、それは、私の三十幾年の生涯に於いて、かなり重要な事件の一つであった。」

  太宰治がふるさと、蟹田、外ヶ浜、津軽浜、川辺、金木、深浦を旅する「津軽」は名作として今も読み継がれている。石坂洋次郎、葛西善三は弘前市、三浦哲郎は八戸市、寺山修司は三沢市の出身。

    青森県が舞台となった作品は、三浦哲郎「忍ぶ川」「白夜を旅する人々」、長部日出雄「津軽世去れ節」「津軽じょんがら節」、水上勉「はなれ瞽女おりん」、新田次郎「八甲田山死の彷徨」、川上健一「翼はいつまでも」、高村薫「晴子情歌」「新リア王」、鈴木喜代春「十三湖のばば」。

ふるさと北海道

Photo   北海道にゆかりのある近代以降の著名人たち。幕末の蝦夷探検家・松浦武四郎(1818-1888)は伊勢国の生まれであるが、北海道とは所縁が深い。明治政府に蝦夷地開拓御用掛を命ぜられ、長年の知識に基づき道名・国名・郡名を選定した。北海道の地名は、アイヌ語を指す言葉「カイ」を含む「北加伊道(ほくかいどう)」を考案。いつしか松浦は「北海道の名づけ親」と呼ばれるようになった。

    坂本龍馬の甥の坂本直寛(1853-1911)はキリスト教徒として北海道開拓移民の指導にあたった。北海道開拓使の初代判官の島義勇(1822-1874)は札幌を碁盤目状の都市にしようと計画。その志は2代開拓使判官の岩村通俊(1840-1915)に継がれた。「屯田兵の父」と呼ばれた永山武四郎(1837-1904)はロシアから守るため北海道開拓のため生涯を捧げたる晩成社を設立した依田勉三(1853-1925)は十勝帯広地方の開拓につとめた。夏はラベンダー、冬はスキーと年中観光客が訪れる富良野の発展の礎を築いたのが中村千幹(1866-1916)である。広井勇(1862-1928)は小樽港の開発に尽くした。マルハニチログループの創業者の堤清六(1880-1931)と平塚栄次郎(1881-1974)。空知集治監の教誨師を務めた牧師の留岡幸助(1864-1934)は、1914年に遠軽に北海道家庭学校を開設した。今井藤七(1849-1925)は小間物の屋台店から出発して、今井百貨店を創業。フルヤミルクキャラメルの古谷辰四郎(1868-1930)は苦労ののち古谷製菓を創業。川田龍吉(1856-1951)はジャガイモの栽培に成功、今に伝わる「男爵イモ」である。木下虎一郎(1903-1966)はサロマ湖でホタテの人工養殖に成功した。斜里町長の藤谷豊(1913-1994)は自然破壊に抗して、1977年に知床百平方メートル運動を始めた。知里真木保(1909-1961)は叙事詩ユーカラの研究をした。萱野茂(1926-2006)はアイヌ文化資料館を設立した。遠藤吉三郎(1873-1921)はスキージャンプを日本に普及した。札幌ラーメンの大宮守人は「味の三平」を創業。

    文学者では伊藤整(小樽)、井上靖(旭川)、下母沢寛(石狩郡)、島木健作(札幌)、長谷川四郎(函館)、三浦綾子(旭川)、渡辺淳一(札幌)。岡本太郎の父、岡本一平(1888-1948)は漫画家の始祖といえる。女優の高峰秀子は大正13年の函館生まれ。ノーベル化学賞の鈴木章(むかわ町、1930年生まれ)。大鵬幸喜は1940年、上川郡弟子屈町出身。優勝32回、6連覇2度、全勝優勝8回など、双葉山と並ぶ昭和の大横綱。「♪果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か幸せを自分の腕でつかむよう」と松山千春(1955生)は足寄にこだわる。演歌界の大御所・北島三郎(1936生)は知内町、細川たかし(1950生)は虻田郡真狩村、玉置浩二(1958)とは旭川市。アイドルではザ・リリーズ(夕張)、モーニング娘の安倍なつみ(室蘭)、飯田圭織(札幌)。1981年、室蘭の生まれ。宇宙飛行士の毛利衛は余市町。

2015年1月11日 (日)

誤読にご用心!

  巨人の新人選手の研修「プロ野球の心得」。「倣(なら)う}「漏洩(ろうえい)」「正力松太郎(しょうりきまつたろう)」などの漢字が読めず、講師からカミナリ!

むかし麻生太郎が「未曽有」を「みぞうゆう」と、菅直人も「疾病」を「しっびょう」と読んで話題になった。訃報(ふほう)をアナウンサーが「けいほう」と誤読したことは少し驚きである。なぜならニュース読みで「訃報」という漢字はとても頻度が高い。入社試験の常識レベルの話なのだ。笑ってすませられるものなのか。やはり日頃の地道な学習・勉強が大事だ。誤読しやすいことば。

相殺 ○そうさい ×そうさつ

乳離れ ○ちばなれ ×ちちばなれ

発足   ○ほっそく ×はっそく

出生率  ○しゅっしょうりつ ×しゅっせいりつ

一日の長 ○いちじつのちょう ×いちにちのちょう

幕間   ○まくあい ×まくま

貼付   ○ちょうふ  ×てんぷ

あり得る ○ありうる  ×ありえる

間髪をいれず  ○かんはつをいれず  ×かんぱつをいれず

依存心  ○いそんしん  ×いぞんしん

烏丸丸太町  ○からすままるたまち ×からすまるまるふとるまち

下手人  ○げしゅにん ×へたにん

風土記  ○ふどき  ×ふうどき

美人局  ○つつもたせ ×びじんきょく

現御神  ○あきつみかみ ×げんみかみ

疾病   ○しっぺい    ×しっびょう 

未曽有  ○みぞう           ×みぞうゆう

奇しくも ○くしくも     ×きしくも

早良親王の怨霊

Photo_4    奈良市西紀寺町に崇道天皇社がある。崇道天皇とは光仁天皇の皇子、早良親王の追号である。早良親王は反桓武天皇の中心勢力で、藤原種継暗殺事件に関係ありとされ、淡路に配流される途中で自害した。その後、都に悪疫が流行したり、桓武天皇の夫人藤原旅子が死去し、桓武天皇の母、皇后も相次いで亡くなった。陰陽師によると、これらはみな親王の崇りであるとして、桓武天皇は怨霊を鎮めるために親王に「崇道天皇」の追号を贈り、この神社に祀ったのである。桓武天皇は長岡京を捨て、平安京へ移ったのは、早良親王の祟りをおそれたためといわれている。

2015年1月10日 (土)

特急乗り継ぎ旅

Photo_3   田中要次、八木さおり、中村昌也の三人が特急列車に乗って鹿児島から稚内までを行く。ルールは最低20種類以上の特急に乗車し、5日間でゴールに到着すること。

1日目、鹿児島~隼人(はやとの風)、隼人~宮崎(きりしま)、宮崎~大分(にちりん)、大分~別府(九州横断鉄道)

2日目、別府~小倉(ソニック)、普通(お助けカード)小倉~新山口、新山口~出雲市(スーパーおき)、出雲~姫路(ランライズ出雲)

3日目、姫路~城崎温泉(はまかぜ)、城崎温泉~豊岡(こうのとり)、豊岡~天橋立(たんごリレー)、天橋立~京都(はしだて)、京都~金沢(サンダーバード)

4日目、金沢~新潟(北越)、新潟~秋田(いなほ)、秋田~青森(つがる)

最終日、新青森~函館(白鳥)、函館~南千歳(北斗)、南千歳~札幌(スーパーおおぞら)、札幌~旭川(オホーツク)、旭川~稚内(スーパー宗谷)。

鹿児島から稚内まで3200㎞、旅費は106,580円。秋田でポートタワー・セリオンに寄ったため、乗り遅れたこと以外は順調であった。やはり路線バス乗り継ぎ旅のほうが面白い。

名前にまつわる不思議な話

310cifi8qql__sy445_   2014年、赤ちゃんの名前人気第1位は、男の子が「陽翔(はると)」、女の子が「椛(もみじ)」だそうだ。今年から「みこ」ちゃん「かんなぎ」ちゃんが増えるかもしれない。1月7日、法務省が人名漢字に「巫」の字を使えるようにしたからだ。

   名前は単なる記号ではなく、目には見えないが、その人の人生を左右するような神秘的な力が宿っているように思える。「山村貞子」という名前がある。実際にその名前の方には失礼な話であるが、現在いちばん嫌われる名前の1つであろう。何の変哲もないありふれた名前であるのに、小説「リング」が書かれたり、映画化されたり、揚句にフィギュアまで販売されている。松本清張などは小説に扱う名前は、同姓同名の人への迷惑を考慮してかなり珍しい名前を作品に使っている。ただし「河野信子」は平凡なので、ドラマ化するときに、「石崎秋子」に変更された。これは「家政婦は見た」の主人公の名前である。

   静岡県の教育長は、何と「安倍徹」さん。悪役俳優の「安部徹」とは一字違いながら音は同一。成田三樹夫という名前の人もどこにおられるだろうか。赤ちゃんの名前を命名するとき、犯罪者の名前などは避けたいものである。ネットなどで調べておくとよい。草加次郎、大久保清、梅川昭美、勝田清孝、宅間守(吉岡守)、宮崎勤、松本智津夫など。お岩、お菊、累(かさね)、お露など幽霊・怪談の名も避けたい。

近所にあるコンビニ

Photo   江戸の狂歌に「ほととぎす自由自在に聞く里は酒屋へ三里豆腐屋へ二里」(つむりのひかり作)がある。田舎暮らしは風情があるものの生活するには不便だ。やはり年中無休で長時間営業しているコンビニが近くあるのはとても便利である。古くから雑貨店などコンビニ近い商店は存在したものの、今日見られるようなチェーン店のコンビニの登場したのはいつ頃か定説はないらしい。井田泰人の研究では、1969年、大阪府豊中市にマイショップの1号店が開店した、これを日本初のコンビニの事例とするそうである。いずれにしても1970年代から80年にかけて急速にコンビニは日本人の生活に浸透していった。都会人の孤独な心のなぐさめにもなる。おつりを受け取る時、キレイな女店員がさりげなく手をそえて釣り銭を渡してくれるとドキドキする。(参考:井田泰人「黎明期のコンビニエンス・ストア」生駒経済論叢)

李箱を知っているか?

65379689_1   李箱(りそう イサン 1910-1937)。本名は金海卿(キムヘギョン)。1930年代の植民地ソウルでモダニズム文学の旗手として活躍し、26歳の若さで東京で死んだ作家・詩人である。「韓国人で李箱を知らないのは日本人が太宰治の走れメロスを知らないようなものだ」といわれるほど、現代韓国において愛されている作家の一人である。ペンネームは韓国音で「異常」に通じ、「変な奴」という意味でつけたともいわれる。代表作は短編小説「翼」(原題:翅膀).

リスクのあるあの薬

  回文という言葉遊びは、「新聞紙」「竹屋が焼けた」「たい焼き焼いた」「まさこさま」のたぐいで、上から読んでも下から読んでも同じになる。「伊丹の酒、けさ呑みたい(いたみのさけ、けさのみたい)」も回文で、江戸時代に流行った。(12月21日)

旦那が何だ!

わたし、負けましたわ

絵かき終えて、絵置き換え

好きよダメだよキス

夏まで待つな

羊羹買うよ

確かに貸した

鳥と小鳥と

草花は咲く

2015年1月 9日 (金)

外国苗字

Imageca1tix20   バッハBachといえば偉大な作曲家。だが本来はドイツ語で「小川」という意味である。カーペンターcarpenterは英語で「大工」、ポッターpotter(ハリー・ポッター)も「potを作る人」「陶工」「陶芸家」の意味である。このような意味をもつ苗字を集めてみよう。

バトラー 判事(ジェラード・バトラー)

スペンダー 浪費家(スティーブン・スペンダー)

ブッシュ 茂み(ジョージ・ブッシュ)

ブッチャー 肉屋(アブドーラ・ザ・ブッチャー)

ブリューワー ビール醸造人(テレサ・ブリュワー)

クーパー 桶屋(ゲーリー・クーパー)

メイソン  石工(ジェームズ・メイソン)

テーラー 仕立て屋(ロッド・テーラー)

ターナー 旋盤工(キャスリーン・ターナー)

チャップマン 行商人(アロルディス・チャップマン)

ハンター 猟師(キム・ハンター)

ベイカー パン屋(キャロル・ベーカー)

ミラー 粉屋(アーサー・ミラー)

韓国ドラマで学ぶ韓国語

Photo_4   自転車を意味する「チャリ(ンコ)」は、韓国語の「チャジョンゴ」から来ている。韓国ドラマを原語で見ていると日本語と似たような発音を持つ単語がたくさんでてくる。外来語「ピアノ」「カメラ」「コーヒー」「バス」はそのまま発音するが、「ピアノ」「カメラ」は全く同じだが、ほか2つは「コピ」「ポス」と聞える。自動車は「チャドンチャ」、漢字が同じだと発音も似てくる。韓国のドレミは「ドレミパソルラシド」と聞える。

 なかには全違う単語もある。サンヒョクがユジンのために「スミレ」という曲をかける場面がある。「スミレ」は「チュピッコッ」と発音する。

春 ボム

夏 ヨルム

秋 カウル

冬 キョウル

四季 サゲジョル

初雪 チョンヌン

晴れ マルグム

雨   ピ

風   パラム

雨傘 ウサン

花  コツ

マフラー モットリ

手袋 チャンガプ

ハンカチ ソンスゴン

指輪   パンジ

眼鏡   アンギョン

消しゴム チウゲ

学校   ハッキョ

高等学校 コドウン八キョ

雪だるま ヌンサラム

愛    サラン

結婚   キョロン

ばかみたい パボガッチ

わかめスープ ミヨックク

紙コップ   チョンイコプ

入学式 イッパッシッ

卒業式 チョロプシッ

コンビニ  ピヨニジョム

居眠り   チョルタ

のり巻き  キムパブ

買ったのは質流れ

Photo_3  「買ったのは質流れ」 これって「河童の川流れ」と、どことなく音のひびきが似ている。こういうのを音韻連鎖という。いろいろ集めてみた。

札幌、稚内→さっぱりわからない

水質汚濁→スイーツおたく

府中原産トマト→宇宙戦艦ヤマト

汚職事件→お食事券

中臣鎌足→生ごみのかたまり

トレンチコート→ハレンチ行為

ショートケーキ→消毒液

イワンのばか→いやーんばか

生野菜サラダ→なやましい体

鼻がかみたい→裸がみたい

農薬は口に苦し→良薬は口に苦し

いつも歩けば帽子をかぶる→犬も歩けば棒にあたる

痔瘻の人間史

Photo_2  痔といえば中年の男性というイメージがあるが、女性にも結構多いらしい。痔はとくに日本人に多くみられる病変であり、成人の50~80%は痔核を有するといわれている。だが西洋人にもないわけではない。ルイ14世、ナポレオン、マーラー。ルイ14世は世界で最初に痔の手術をした人物である。それにベートーヴェンは耳疾から聴覚を失ったことはよく知られているが、生涯人知れず痔にも苦しんだ。女性よりも男性に多くみられるが、患部の位置が位置だけに羞恥心から診療・治療を受けずに放置しておく場合が少なくない。

    歴史上の人物では、加藤清正、大岡忠相、杉田玄白、乃木希典、野口英世。野口は「実は小生昨年十月頃より痔をなやみ夜分も安眠を不得ず、月を追うて重り行く傾向有之候」と手紙に書いている。作家は作品や日記に痔疾のことを書くので記録として残りやすい。松尾芭蕉、正岡子規。夏目漱石は「彼岸過迄」を執筆中に神田の佐藤病院に通院していた。芥川龍之介は「歯車」で「暫らく歩いているうちに痔の痛みを感じ出した」とある。横光利一は「機械」の執筆中の痔疾のため2ヵ月入院している。(参考:立川昭二「病いの人間史」)

横を向いた子規

Photo   国語の教科書などで掲載される正岡子規の写真は決まって横顔である。実は彼は結核から宿癖となる脊椎カリエスのため背筋を伸ばすことが出来ず、極端に前屈みとなっている。その苦痛に耐える姿勢は、子規のダンディズムからは自認出来ず、結果、横を向いている写真となったのである。

だんだだん

Photo_17   むかし段田男という名前の演歌歌手がいた。つまりドラえもんの「野比のび太」や「七海なな」のように姓と名がかぶっているような名前である。斉藤斎藤(歌人)や堀部ほり(堀部安兵衛の妻)のように数人いるが、欧米名ではふつうにいる。

   ガリレオ・ガリレイの友人に医師のサントリオ・サントーリオ。作曲家のアレッサンドロ・アレッサンドローニ。スペインの軍人フランシスコ・フランコ。写真家ホルスト・P・ホルスト。エドワード・エドワーズ。アメリカのロック・ギタリストのスティーヴ・スティーヴンス。

早口ことばに「佐山の佐々佐吉、佐賀の佐々木佐三郎」がある。

2015年1月 8日 (木)

いつも歩けば帽子をかぶる

Photo_8 Photo_9

   歌手のジェロやクリス・ハートはいつも帽子をかぶっている。ミュージシャンや芸術家には帽子を愛用する人が多いが、通勤のサラリーマンはあまり帽子をかぶっている姿は見ない。大正期はカンカン帽が日本でも大流行した。その後、カンカン帽は消えたが、コントの世界で植木等がステテコ姿でカンカン帽をかぶったり、月亭可朝がカンカン帽をかぶってギターを弾いて歌っている。

250pxjos_marrone Photo_16


Photo_10 1900年代にはソフト帽(中折れ帽)が世界的に流行し、背広とソフト帽というスタイルが定着する。1940年代、映画でハンフリー・ボガートが「トレンチコートを着て、ソフト帽をかぶったタフガイ」というスタイルが確立される。岡譲二、片岡千恵蔵、波島進、丹波哲郎もこのスタイルを踏襲した。

Photo_11 Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15











鉛筆は意外と便利だ

Pencilicon512   小学生のとき以来、お世話になっている鉛筆だが、ボールペンの登場で、筆記用具の王座は奪われた感はある。しかし、老人にとって鉛筆の書き心地や感触はなかなか心をなごませるものがある。ブログ記事のネタを見つけたら、専用のノートに書いてあとで参考にするのだが、最近は古い使わなくなった鉛筆がでてきたのでよく使っている。短くなっても鉛筆ホルダーやキャップをつなげて使って長くできる。短くなるまで大切に使おう。最近の鉛筆は芯が折れたりしない。木の部分が削りやすい。100円ショップで買った1ダースの鉛筆でさえ優れているのだからメーカー品はなおさらだろう。この鉛筆で今まで気づかなかったいろいろな事柄を調べてみよう。

   スイスの有名な筆記具メーカーに「カランダッシュ」がある。画家エマニュエル・ボアレ(1858-1909)の雅号に因んでいる。もともとロシア語で鉛筆という意味である。

机の中を整理するとラピス(鉛筆)がある

Photo_2   机の引き出しを整理するといろいろな文房具がでてくる。消しゴムをフランス語、イタリア語、スペイン語で何というか?

英語         イレイサア eraser

フランス語 ラ・ゴム la gomme

ドイツ語 ラ・ディーアグニ  ger Radiergummi

イタリア語 ラ・ゴンマ la gomma

スペイン語 ラ・ゴマ la goma

韓国語  チウゲ

地中海に接する国の言葉には共通性がみられる。

Original
鉛筆を何というか?

英語         ペンスル pencil

フランス語 ル・クレイヨン le crayon

ドイツ語  デア・ブライシュティフト der Bleistift

イタリア語 ラ・マティータ la matita

スペイン語 エル・ラピス el lapiz

ポルトガル語 lapis  ラピス

ロシア語 カランダッシュ

中国語 鉛筆(チィエンピー)

韓国語 ヨンピル

記憶力と暗記力

    記憶とは以前に起こった経験が保存され、その後の機会にそれが適用される心的作用である。もし、人間にこのような記憶作用がなかったなら、われわれの精神生活はまさに瞬時的となり、その歴史的発展は、もはやのぞめないであろう。古事記編纂の稗田阿礼の出身地、奈良県大和郡山市では毎年「記憶力大会」が開かれている。競技の部、自慢の部、記憶力日本選手権大会(顔と名前、単語、数学、短文、トランブ)の3部門が実施される。円周率をどこまでいえるか(産医師異国に向う 3.14159265)、化学元素の周期(水兵リーベぼくのフネ)、ルート3(富士山麓オウム鳴く)、国旗の国名当て、首都当て、難読漢字、歴史の年号など丸暗記も大切。記憶力の限界に挑む。

   思い出そうとしてもなかなか出てこないことがよくある。英語でTip of the tongueと表現することから、TOT現象という。新聞記者がトルコの首都をアンカラと書くべきところをイスタンブールと誤記した。野球選手が素振りやキャッチボールをするように、文章家にも日常的トレーニングが必要だろう。たとえば世界の首都。オセアニア14カ国、言えますか?

040253pohnpei_national

オーストラリア キャンベラ

キリバス    タラワ

サモア     アピア

ソロモン諸島 ホニアラ

ツバル     フナフティ

トンガ      ヌクアロファ

ナウル     ヤレン

ニュージーランド ウェリントン

バヌアツ     ポートビラ

パプアニューギニア ポートモレスビー

パラオ      マルキョク

フィジー     スバ

マーシャル諸島 マジュロ

ミクロネシア  パリキール  

情け有馬の水天宮

Tokyosuitengu   江戸の人々は情け深いことを感謝する際に、有馬家と水天宮を洒落て、「情け有馬の水天宮」と口癖のように言った。地口(ちぐち)といわれる言葉遊びの一種。ほかに、

おそれ入谷の鬼子母神

びっくり下谷の広徳寺

なんだ神田の大明神

その手は桑名の焼き蛤

勘忍信濃の善光寺

うそを築地の魚市場

「冬のソナタ」で始める韓国語

  新年からCSで「冬のソナタ」の再放送が始まった。吹き替えではなく原語の字幕版。第3話「運命の人」。10年後、ソウルの設計事務所で働くユジンは幼馴染のサンヒョクと婚約する。婚約式(ヤッコンシ)の当日、初雪(チョンヌン)が降る。韓国では初雪に願をかけると叶うという。ユジンはソウル大学路(テハンノ)で初恋の人チュンサンとそっくりな人を見かけで、大切な式に遅れてしまう。「ミアネ、チョンマル、ミアネ」と涙を流しながらサンヒョクにあやまる。「ミアネ(ごめんね)」は韓国ドラマによく使われる言葉だが、第3話の「ミアネ」は格別である。「チョンマル」とは「本当に」という意味。

第2話の高校時代のユジンがキャンプで遭難する場面に使われた「ボラリリス(北極星)」も重要なキーワードである。

 ネガ ノエ ボルラリスガ トェゴ シボ(僕は君のポラリスになりたい)

チョンヌニ ネ ソウォヌル トゥロ ジュンゴ ルカ(初雪がわたしの願いを叶えてくれたのかしら)

ニガ チョジュドン ピアノ ソリ(あなたが弾いてくれたピアノの音)

アンギョン ハンボンマン ボンボセヨ(眼鏡をちょっと取ってください)

向田邦子新春シリーズ

Photo_3

   「そのころ私たちの家は、池上本門寺近くの石段を上がった所にありました」というナレーション(黒柳徹子)で始まる向田邦子新春シリーズは1985年(「眠る盃」)から2002年(「風立ちぬ」)に至るまで17年間続いた。時代や家族の設定はだいたい同じである。戦争の足音が少しずつ近づいてくる昭和13年から15年頃の東京の山の手。父は役人だったが数年前に他界している(数作品には父が健在なこともある)。母と娘3人の女だけの家に男が登場して、様々な波紋が広がっていく。ヒロインは長女、あるいは次女が多く、三女の目線で物語が進行していく。全体に戦前東京の都市文化(映画・レコード・喫茶店・ダンスホールなど)に対する強い憧憬が垣間見られる。元日の朝、家族全員が晴れ着を着て、神棚に手を合わせたり、「おめでとうございます」と挨拶して、お節料理をいただくシーンがある。正月ドラマだが、家族が死んだり、病気がちだったり、破談になったり、縁起悪いのも特徴の一つである。常連の俳優は加藤治子、田中裕子、小林薫。他の配役は毎回ごとに変更している。シリーズ中で最高傑作はどれか只今検討中。「隣の神様」(国生さゆりが病弱な妹で登場する話)は「赤マントの男」という奇妙な都市伝説の話であるが、味わいある作品の1つ。

Photo_2

シーリズ中で田中、加藤、小林の3人が出演していること②田畑智子が出演していること③四谷シモン医師で出演している④ナレーションは黒柳徹子。この条件を満たす作品は「小鳥のくる日」(1999年)

平成スタートの日

S64heisei

   1989年1月7日、足掛け64年にわたった「昭和」が幕を閉じた。昭和天皇は87歳と8ヵ月のご生涯だった。翌日から新しい元号「平成」がスタートした。この年、亡くなった方々には著名人が多い。2月9日に漫画家の手塚治虫、4月27日に松下幸之助、6月24日に歌手の美空ひばりが他界している。この年はまだバブル景気といわれた後半の時期にあたる。消費者は高額商品を買うこと、「生活の豊かさ」を感じ、海外の高級ブランド品や高機能の家電製品を買いあさった。しかし1990年をピークに景気は下降し、バブルは崩壊し、長い平成不況が続く。俳優の平泉征は、このころ芸名を「平泉成」と改名した。すると脇役として次々が舞い込み、「平成」期になって売れ出した。(1月8日)

2015年1月 7日 (水)

ニコニコ・マーク

2012090904301466a   韓国ドラマ「春のワルツ」。オーストリアの列車で偶然に再会するウニョンとスホ。ウニョンは列車の窓にニコニコ・マークの落書きをする。幼い頃、宿題ノートに押された「よくできました」のハンコ。ニコニコ・マークは我が国でも1970年頃ブームで「ラブ・ピース」と呼ばれていた。世界中に広まったニコニコ・マークだったが、ニコニコ・マークは1997年から登録商標なので無断で使用できなくなった。正しくは「スマイリーフェイス」という。アメリカの商業デザイナーのハーベイ・ボール(1921-2001)が1963年末に創作した。

薩摩守(さつまのかみ)

16_03   平忠度(たいらのただのり)が薩摩守だったことから、鉄道関係の語でよく知られている「キセル」は、煙管が雁首と吸い口だけに金がついているところから、無賃乗車を意味するようになった。だが、近代の鉄道成立以前から、渡し舟をただ乗りしようとする僧を題材とした「薩摩守」という演目が狂言にあることからすると、この言葉はかなり古くから使われていたらしい。室町末から近世初めに生まれた掛詞であった。

ペンネームおもしろ話

Photo_2     明治から昭和の作家で本名のままという作家はめずらしい。二葉亭四迷は文学に行きづまった作者が自嘲して「クタバッテシメイ」と言ったものをもじったもので滑稽味がある。樋口一葉の本名は奈津だが、夏子の署名が多くみえる。昔、達磨大師が揚子江を一葉の葦の葉に乗って下ったという故事に由来する。一葉は「達磨さんも私も、あおし(銭)がない」とシャレていた。「漱石」という雅号は、漢籍の「蒙求」の中の「石ニ漱(クチスス)グ」という語からとったもので、偏屈者という意味。直木三十五は、本名の植村の字を分解して直木とし、毎年自分の年齢をペンネームにしていたが、三十五で死んだ。北杜夫は愛読書「トニオ・クレーゲル」をもじって杜二夫としていたが。二をとって杜夫とした。北は学生時代に過ごした北の都、仙台にちなんでつけた。立松和平。本名は横松だが、横だと語感が悪いので、横の松を立てたのだ。泡坂妻夫は本名「厚川昌男(あつかわまさお)」の7文字を並び替えて作った。色川武夫は麻雀小説作家として阿佐田哲也のペンネームがある。「朝だ!徹夜だ!」に由来する。埴谷雄高は本名が般若(はんにゃ)豊。姓の音を少し変え、名の音を二つに分けた。寺内大吉は大吉寺という寺の住職で、「大吉寺内○○様」という郵便が来るから。城山三郎は名古屋の東部、城山の地に三月に移転したことから。最近の作家で馳星周は香港スター周星馳をひっくり返してつけた。冲方丁は暦の用語を並べたもの。赤染晶子は赤ちゃんのころ、百人一首、赤染衛門の札を齧ったから。漫画家の矢沢あい。矢沢永吉のファンで矢沢Loveの愛をひらがなにした。漫画家やくみつる。麻雀の「役満」から。

パリ、青いスカートの女

Lizziebrochere081714082964666811   葬儀屋(墓石販売業)のエティエンヌ(パトリック・ゾッコ)は妻との関係は冷えている。あるとき、墓地で偶然に若い娘ジュリエット(リジー・ブロシュレ)に出会う。ジュリエットは厭世的なウェディングドレス店で働く店員である。中年男と娘は現実から逃れるように激しくセックスする。娘は「こう生きたい」とするジュリエットと「こう生きたくない」とするジュリエットが交錯する。映像では2人の女優が同一人物を演じている。ヌーヴェル・バーグのような映像美でとまどうものの、ラストは男と女の死が待っている。「自殺は美しい。自殺するのは人生に飽きたから」という命題で終わる。谷崎潤一郎の「痴人の愛」のフランス版ともいえる。

2015年1月 6日 (火)

赤彦と「タヒチの女」

Photo  アララギ派の歌人、島木赤彦(本名・久保田俊彦)のペンネームの由来はゴーギャンの「赤い花」の絵を見たから、という話は有名である。しかし、大正初期に赤彦が見たゴーギャンの絵というのはどの絵であろうか?斎藤茂吉によると「島木の名は、八丈島から採って「島の木」とした」とある。つまりゴーギャンに憧れて八丈島へ渡ったことを意味するので、筆名の由来はゴーギャン説と反しないものと解する。「赤彦」の名は、広丘小学校在職中、中原静子との恋愛関係の中から出たものらしい。推測ながら、赤彦が見たゴーギャンの絵とはメトロポリタン美術館所蔵の「赤い花と乳房」という絵ではないだろうか。もちろん赤彦はアメリカへ行ったことはなく何かの本で見たのであろう。

吉田大助と玉木文之進

Photo_8

  NHK大河ドラマ「花燃ゆ」。ドラマは1850年から始まり、吉田松陰の叔父大助は登場しなかった。彼は1835年に没している。

   吉田松陰は後年、子供時代を振り返り「死ななかったのが不思議なくらいだ」と語っている。いったい何が悲惨だったのかというと、それは、彼が受けた教育だった。彼は叔父たちから、たいへんなスパルタ教育を受けており、それがまた、子供には想像を絶する詰め込み教育で、できなかったときは鉄拳制裁の嵐だった。彼の教育に携わったのは、二人の叔父だ。ひとりは、吉田大助。「名は賢良、字は子良、竜門と号す。剛直にして大志あり。つとに家学を興隆しようとする。深く経書と歴史書を講究し、文章を多く作る。あまねく諸家の説を渉猟して最も宋学を喜び、常に幕府の擅横を怒り、「王覇辨」一篇を作って極論した。二十九歳にして没す」 身体が弱く子供がなかったため、松陰を養子とした。わずか、五歳、六歳の松陰に、兵学をビシビシたたき込んだ。まもなく大助は29歳の若さで急死してしまった為、松陰が吉田家の家督を継ぎ、藩校明倫館の兵学師範になる宿命を背負う。そこで、松陰の兵学教育にあたったのが、山鹿流免許皆伝であった玉木文之進であった。この人も厳格で気性の激しい武士で、何度も、松陰を気絶するぐらい殴りつけたという。

Photo_7
  玉木文之進の生家

忽那汐里の祖先は海賊か?

Photo   ファッション誌「小悪魔ageha」のモデル武田あんり(画像)が武田信玄18代目ということが話題になっている。当の武田家の末裔たちは彼女の存在を否定しているらしいが、姓は出自を示す証である。会津の山本八重は山本勘助の子孫。俳優やタレントも自分の先祖をさぐれば、意外な偉人であったことがわかることがある。

   オノ・ヨーコの曽祖父は実業家の安田善次郎。大原麗子は浅野内匠頭、植村花菜は大久保利通の子孫。大竹しのぶの祖父は著名なクリスチャン吉川一水。中川翔子の先祖も伊藤一隆(水産関係)という偉人。細川護熙の遠祖は細川幽斎、その子である忠興・ガラシャ夫妻の直系。村松友視の祖父は村松梢風。中川安奈や国木田亜子はその名のとおり中川一政、国木田独歩の孫娘。加山雄三、梓真悠子の先祖が岩倉具視、山口智子の遠祖が杉山杉風である。最近売り出し中のグラドル、アクア新渡戸はその名のとおり、ご先祖さまに新渡戸稲造(5千円紙幣の肖像)がいる。NHKアナウンサー片山千恵子の母方の先祖が福澤諭吉。お笑いタレント、タカダ・コーポレーションの大貫幹枝は1億円拾得の大貫久男の孫。遠野舞子はプロ野球選手、岩本義行の孫。品川祐は美容家・山野愛子の孫である。安藤サクラは犬養毅の曾孫。宮崎香蓮は「まぼろしの邪馬台国」宮崎康平の孫娘。変わったところでは江波杏子の曽祖父は、病身の沖田総司を介護した植木職人の柴田平五郎だった。モデルのユージの父は俳優マイケル・ゴードン。女優タラジ・P・ヘンソンの祖父は北極探検家マシュー・ヘンソン。「イヴの総て」アン・バクスターの祖父は建築家フランク・ロイド・ライト。忽那汐里の「くつな」は鎌倉時代から南北朝にかけて水軍を組織し、瀬戸内海一帯で活動した忽那氏の末裔である可能性が高い。天正13年に小早川隆景に滅ぼされたが、忽那一族の残党は全国各地に残っていた。

緑衣女

201231011538357x357   科挙試験のために山寺の一室で勉強している若者がいた。本をひらいて読んでいると、女が窓のそとにいて、「ずいぶんご勉強ですわね」とほめるのだった。若者はびっくりして立ち上がってみると、緑色の着物をきて、長い裙(もすそ)をはいた、目のさめるような美人であった。若者は物の怪だろうと思って、どこに住んでいるかをしつこくきいたら、「私が貴方を取って食うような者ではありませんし、やかましくおたづねにならないでください」と女はいった。

   若者はその女が好きになって、泊まっていくように誘った。薄ものの肌着を脱ぐと、腰が細くて、手のひらで抱けるほどであった。夜が明けようとすると女は帰って行った。それからというもの毎夜訪れて来ない夜はなかった。

   ある晩一緒に酒を酌み交わしながら話すうちに、音楽に詳しいことがわかったので、一曲所望すると、ためらっていたが、聞き取れないくらいの小声で歌いだした。

 こずえの鳥、夜なかに鳴いて

 わたしやだまされて帰って来たよ

 靴のぬれるはいといはせぬが

 別れた貴方が懐かしい

   その声は蜂のように細くてやっと聞きとることができた。歌い終わって「誰かに聞かれたかしら?」といって、外へ出て家のぐるりをよく見廻って、それから部屋に帰って来た。若者はいった。「あなたはどうしてそんなに警戒するのか?」女は笑いながらいった。「胸さわぎがするんです。私はもう生きていられないと思います」

   若者は慰めていった。「胸さわぎがしたり、目がちらちらするのはよくあることだ。何もそうだからといって、いきなりあなたのように考えなくてもいいでしょう」

   女はそれで少し気をよくして、また楽しく語り合った。

   やがて夜が明けたので、着物をきて寝台を下り、戸を開けようとしながら、ぐずぐずして引き返して、いった。

   「どうしたのか知らないけれど、なんだか気が落ちつかないのです。私の姿が見えなくなるまで、見送ってください」といいながら、おびえた足取りで歩いて行った。

    女の姿が見えなくなったので、帰って寝ようとすると、女の救いを求めて叫ぶけたたましい声を聞いた。若者は走って行き、あたりを眺めたが女の姿が見えない。見上げると大きな蜘蛛に捕らえられた蜂が悲しげに鳴いているのだった。

    急いで蜘蛛から引き離し、手のひらにのせて部屋に持ち帰った。身にまつわる糸をとりのけてやったが、それは緑色の蜂で、もう息も絶え絶えであった。

   やがて蜂はよたよた歩きだした。しずかに硯の池に登って行って、その身を墨汁に投げ入れ、そしてまた出てくると、机の上にうつ伏したままで這って歩いた。その墨跡をたどると、「謝」(ありがとう)の一字になっていた。蜂はしきりに二枚の羽をひろげていたが、やがて窓から外へとんでいった。

   このときから緑衣の女は若者の前に二度と姿をみせなかった。(蒲松齢「聊斎志異」)

消えた箱舟

Photo_2 TBSドラマ「消えた箱舟」(1988年)東京の郊外に一戸建てのマイホームに暮らす男(江森陽弘)は4人家族の平凡なサラリーマン。山口美江扮する宇宙人が男の前に現れる。「14日後に人類は滅亡する。私を信ずるなら船で私とともに地球を脱出しましょう」という。男は家族に話すが誰も信じようとしない。当日、男は一人で指定された場所へいく。だが男は船に乗らなかった。結局、男はマイホームで家族と暮らす。戸外の雨は朝から降り続きやむことはない。

このドラマが制作された時代は情報化やグローバル化が急速に進展していった。そのな世の中で閉塞的な現実から脱出を夢みる人もいた。原発、地震、環境破壊、地球温暖化と異常気象と現在にもっとも重要な課題を提起している優れたドラマである。

徳川十五代将軍の墓所

   徳川将軍家の墓所は上野寛永寺と芝増上寺である。寛永寺は四代家綱、五代綱吉、八代吉宗、十代家治、十一代家斉、十三代家定の6人(ただし家康、家光の墓もある)。増上寺は二代秀忠、六代家宣、七代家継、九代家重、十二代家慶、十四代家茂で、これまた6人である。では初代家康、三代家光、十五代慶喜の3人はどうなっているのだろうか。最後の将軍である慶喜は谷中墓地に葬られている。これは歴代将軍の中では異例のことである。家康は栃木県の日光東照宮に、家光は日光輪王寺大猷院に葬られている。

Img_1
  家光が眠る日光輪王寺大猷院

 

銭湯の歴史

83e2a7832abf9a37ed69be9a260c8b9b

    江戸では入浴といえば、湯屋(銭湯)に行くことに決まっていた。町人が風呂を持つことはなく、江戸一番の呉服商越後屋でさえ風呂はない。幕末に600余軒というから、人口の割には数が少なく、どこの町の湯屋も混んでいた。誰でも毎日入浴し、料金は銭6文。男女老若とも同じ浴槽に入る。寛政(1789-1804)ころから男女別々となったと書物には記されるが、確かなことはわからない。寺院などの社会事業としての共同浴場は平安時代にもあったが、営業浴場の始まりは鎌倉時代の頃といわれている。個人営業としては天正19年(1591年)頃に伊勢与市なる人物が江戸日本橋に開業したのが始まりと記録に残る。

Illust_public_bath   幕末のハリスやヒュースケンには、下田の湯屋で14歳くらいの女の子が平気で、若い男が入っている浴槽に、全裸で入浴する光景を目にして驚いている。考古学者シュリーマンは世界一周の旅の途中、日本に立ち寄っている。江戸の男女混浴を「旅行記」(1865年)に次のように記している。「浴場の前を通ったらアダムとイブそのままに、丸裸の男女がそれぞれ出てきて、外国人の私を見物した。羞恥心も無ければ風紀の乱れる様子もなく、なんという聖なる単純さであろうか」と。混浴が風紀上問題となったのは西洋人の指摘で改善したものであろう。1869年2月19日、東京府が男女混浴を禁止した。

2015年1月 5日 (月)

全国の「美人」大集合

   1993年のNHK連続テレビ小説「ええにょぼ」。タイトルは丹後弁で「美人」という意味。全国の「美人」を意味する方言を集める。

じょうもん(福岡)

きりょーじん(山梨)

みよいすさん(富山県魚津市)

ちゅらかーぎー(沖縄)

よかおごじょ(鹿児島)

こ面(づら)がはげちょる(大分県宇佐市)

おなごぶりええ(秋田県横手市)

いいつらしといる(宮城県蔵王)

けっこい娘(香川県三豊郡)

じょーきりょう(岡山県玉野市)

めめこよし(千葉県君津市)

しびれかわのむけた人(奈良)

うつやかな娘(京都)

うるわしか(熊本県天草)

えがおよし(兵庫県明石市)

しゃあなおなご(三重県鳥羽市)

もうちゃんべっぴん(島根県益田市)

よけこ(八丈島)

せんみつ

せんみつ(千三つ)とは、「うそつき」「ほらふき」という意味。「千いふ事三つもまことはなしとて、といふ男あり」(浮世草子・桜陰比事)とあり、真実なのは千のうちわずか三つだけという。タレントせんだみつお、芸名の由来でもある。

嵯峨天皇と喫茶の宴

Dsc02138   平安時代初期の弘仁6年(815年)4月22日、嵯峨天皇が近江国に行幸したとき、梵釈寺の永忠という僧が、茶を煎じて献上したという記録が「日本後紀」に見える。その茶がどういうものであるかは伝わっていないが、永忠は在唐30年の留学僧である。新渡の唐風俗である喫茶をもたらしたと思われる。おそらく永忠は苗木を持ち帰り、栽培した。苗木は10年もすれば成木となり、風味が生まれ、献茶にふさわしい条件をそろえたであろう。嵯峨天皇はこの茶が気に入り、直ちに各地に茶の栽培を命じたといわれる。しかし抹茶を用いるようになるのは鎌倉時代になるまで待たなければならない。

「んみゃーち」宮古島の方言

20140916093034_deco  沖縄の宮古島には独特の方言がある。「いらっしゃいませ」も沖縄本島の「めんそーれ」とも違う「んみゃーち」という。「ん」で始まる言葉があるのはとても珍しい。

んぎゃます(うるさい)

んざんかいりゃ~?(どちらへお出かけですか?)

んつぁ(そうです)

んなま(今、現在)

んにゃだ(まだです)

んまぁぬむ(美味しい)

んまが(孫)

んむつし(楽しい)

毛利元就「三矢の訓え」(さんしのおしえ)は作り話か!?

Img_0005_2
 三矢の訓 (明倫小学校蔵)

    毛利元就は長男毛利隆元、次男吉川元春、三男小早川隆景の三人の子供を臨終の枕頭に呼び寄せた。矢を一本ずつ配り「折ってみよ」といった。みんなが難なくそれを折ると、こんどは何本かの矢の束を渡したが、だれも折ることができなかった。「この矢一本折れば、最も折りやすし。しかれども一つ束ぬれば折り難し。なんじらこれを鑑み一和同心すべし。必ずそむくことなかれ」と諭した。これを「束矢(そくし)の教え」あるいは「三矢の教え」「弓矢の教訓」などといい、幕末の人、岡谷繁美が著した 『名将言行録』にも載っている故事で、戦前の修身の教科書にもよく使われた。

   しかしこれと同様の話はもともとイソップにある。安土桃山時代、宣教師により伝えられ、「天草本伊曽保物語」が1593年に刊行されているが、毛利元就の死後のことである。なぜイソップの話がアジアに伝わって、どのような経緯で後人が毛利元就に附会したのかは定かではないが、元就自身も兄弟の協力は、くりかえし説いている。「露ほども兄弟の仲が悪いことが芽生えてくれば、滅亡の基と思うべきだ」(隆元宛ての書状)。また61歳のときに書いた三子への教訓状が残っているので、江戸時代に生まれた逸話は同様の趣旨の言葉が基となったのであろう。

ちなみにサッカーJリーグ「サンフレッチェ広島」というチーム名は、サンは日本語の「3」で、「フレッチェ」はイタリア語のfrecce(「矢」の複数形)からとったものである。

ピアノを完成させたバルトロメオ・クリストフォリ

Cristofori_150  日本に初めてピアノが来たのは、1823年のことで、シーボルトが来日したときピアノを持参したといわれる。 

   ピアノは1709年、イタリア・パドヴァの楽器の修復家バルトロメオ・クリストフォリ・ディ・フランチェスコ(1655-1731)が発明した。しかし18世紀後半のフランスではピアノはクリストフォリではなく、ゴットフリート・ジルバーマン(1683-1753)が発明されたと考えられた。ジルバーマンはピアノの歴史にとって重要な人物ではあるが、その設計は完全にクリストフォリに基づくことが明らかとなった。クリストフォリが製作したピアノが3台現存するが、1726年製作のピアノは、現代ピアノが有する特徴をすべて備えている。( keyword;Bartolomeo Cristofori di Francesco,Gottfried Silbermann )

ハイヒールの歴史

Span_chopines

    ハイヒールが描かれている最古の絵は、紀元前4世紀頃のギリシャのテーベにある王侯墳墓の遺跡の中に見られるるそのハイヒールを履いていたのは男性である。ギリシャ演劇の男優たちは「コトルノス」という名のハイヒールを履いて背を高く見せようとしていたし、古代ローマの兵士のサンダルもかかかとが高かった。

   ハイヒールの歴史で、巷間ハイヒールは汚物を踏むことを嫌った人たちによって作られた、とまことしやかに言われることがある。16世紀のヴェネチアで流行したチョピンというイスラム風ハイヒールを見ると、舞妓さんの厚底ぽっくりのようである。かえって汚物を踏むので、どうやらこの説は事実とは思えない。初期のハイヒールをいろいろ見たが、底面積の狭い靴を作るのは技術的に無理だったようである。

    現在のハイヒールの出現は、20世紀になって女性のスカート丈が短くなったことと関連する。裾から垣間見るものだった靴がスカートの外に出たのである。そのことが、見られることを意識しヒールは様々な姿を生んでいく。「露出するヒール」として1920年代から30年代にアメリカでハイヒールが生まれ、フランスで改良されていく。

(high heels,chopines)

Dp157717
チョピン 1600年頃 メトロポリタン美術館

Avarietyofchopineknownasazoccolowit

2015年1月 4日 (日)

黒田官兵衛の家紋

Fuji_24 1117
   藤巴紋          白餅紋

   大河ドラマ「軍師官兵衛」の一場面に黒田官兵衛が家紋を「藤巴」にしたのは、有岡城に幽閉されている時に、獄の外から伸びて花を咲かせた藤の花を見て生命力を感じたからという逸話がでてくる。しかし、小寺家の家紋が「橘藤紋」であり、藤の意匠は小寺家から下賜されたもので、官兵衛が小寺姓を名乗っていた時代から使っていたと思われる。

   これとは別に黒田官兵衛は、竹中半兵衛からもらった「白餅紋」がある。城持ちとかけたものである。藤の紋は小寺氏の裏切りから、縁が切れて、一時期使えなくなっていたので官兵衛といえば「白餅紋」のほうが知られている。とはいっても律儀な官兵衛は「藤巴紋」と「白餅紋」の2つの紋を併用していたらしい。明治になって侯爵となった黒田家は、「白餅紋」は国旗と意匠が相似することから使用しなくなり、「藤巴紋」を使うようになった。

「苦役列車」前田敦子

Photo  北町貫多は中卒で日雇い労働で生活費を稼いでいて、楽しみは読書と風俗くらいしかないさみしい青年。そんな貫多の唯一の希望の星は古本屋のアルバイトの康子だ。ヒロイン康子は原作にはないが映画では前田敦子が演じている。原作者の西村賢太は前田の起用には不満だったようだが、大きな展開のないドラマでは前田の素朴な雰囲気の女性の存在が救いのように思える。とくに三人が海で遊ぶシーンはよい。前田敦子の演技力には賛否両論あるが、「クロユリ団地」「苦役列車」「もらとりあむタマ子」「さよなら歌舞伎町」とアイドル女優としては及第点。

2015年1月 3日 (土)

バスと人生

Photo_4   時刻表にもとづき電車やバスは毎日全国各地を運行している。朝も昼も夜も、多くの人々が利用し、それぞれの人生がある。テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」はとても面白い。今回、大阪から金沢の旅だが、汽車や高速バスを利用せず、路線バスだけとなると乗り継ぎがむずかしい。途中、バス路線がなく数キロの雨中行軍や、トンネル工事のため、やむをえずロケ車移動もあったが何とか時間内にゴールできた。この番組の醍醐味は太川陽介や蛭子能収の珍道中にあるが、実はバスの運転手や案内所の職員や旅館の女将、あるいは行きずりの市井の人であるような気がする。ラスト近くでダメかと思われたが、案内所の職員の機転で裏技が発見された。「松本清張のミステリーみたい」という言葉が印象的だった。

ベレー帽

Iv_watanabe_01   戦場カメラマンの渡部陽一はいつもベレー帽を被っている。この帽子をかぶって戦場に行くと怪我をせずに無事にもどってくることができる、というお守りのようなものといえる。この帽子、妹が要らないというから貰ったもので、本来はもっと大きかったが洗濯したため縮んで頭にフィットするようになったといっている。

土鈴

Photo_3   土鈴とは、粘土を焼成して作られた土製の鈴。岐阜県郡上市にある日本土鈴館(遠山一男館長)には、全国各地から集めた土鈴が16000点以上あり、ギネス世界記録に認定されている。また東南アジアなどの民芸品、郷土玩具なども展示している。

Img_1

2015年1月 2日 (金)

逢いに来ましたお父さん

Photo_3   BSジャパンの「新春歌謡祭」。テーマ「流行歌100年」とは1914年に発表された松井須磨子「カチューシャの歌」を日本の歌謡曲第1号とするため。8時間の放送で、菅原都々子、青木光一、三条町子、安藤まり子、曽根史郎、雪村いづみ、白根一夫など懐かしい歌手が出演していた。天才少年歌手といわれた三宅広一。「逢いに来ましたお父さん」(1958年)戦死した父が祀られている靖国神社へ息子が訪れるという歌。NSP「夕暮れ時はさびしそう」は天野滋は2005年に死去しているので、中村貴之が一人で歌っていた。スタ誕出身の目黒ひとみ「わたしのシュガー・ボーイ」(画像1975年)も久しぶりのステージながらよく声がでていた。風見しんごの「僕笑っちゃいます」の作曲者が吉田拓郎とは知らなかった。倍賞千恵子のとき、高倉健の話を出して、八代亜紀「舟唄」、「トラック野郎」菅原文太という展開は上手い。歌手協会の主催なので、音楽そのものに愛情があって、紅白よりも心にしみる番組構成に感服。

三四郎とストレイシープ

Photo_2    「ストレイシープ(迷える羊)」という言葉は、聖書に由来し、漱石の小説「三四郎」でも里見美禰子という女性の謎めいた言葉として印象的に使われている。一般にこの言葉は聖書の中では「罪人」という意味で使われている。漱石「三四郎」においてどのような意味で使ったのか解釈をめぐってはさまざまな意見がある。漱石も読者がいろいろな受け止めができることを意図したものであろう。

    小説の終わりで、美禰子がかすかな声でいう。「われは我が咎を知る。我が罪は常に我が前にあり」美禰子はストレイシープが自分のことであり、三四郎を好きであることを告白している。これに対して三四郎は「ただ口の内でストレイシープ、ストレイシープと繰り返した」で小説は終わる。

    ところが英語の聖書には「ストレイシープ」という語は見られない。漱石が英国留学時代に研究したヘンリー・フィールディング(1707-1754)の「トム・ジョーンズ」(1749年)には「ストレイシープ」がでてくる。三四郎の友人の佐々木与次郎が「ダーター・ファブラ」(他人事ではないの意)という言葉をよく意味を知らずに使っている。岩波文庫の注では「デ・デ・ファブラ」はホラチウス「風刺詩」の言葉とあるが、それは初出であって、おそらく漱石はロバート・ブラウニングの詩集「男と女」を読んで「ストレイシープ」「デ・デ・ファブラ」という語から小説のインスピレーションを受けたものであろう。

初夢と七福神

16711cb96da86dd310c777d8a3cb31c5   初夢とは、元日に見る夢が本当の「初」となるのだろうが、一般的には、正月2日の夜から3日の朝にかけて見る夢のことを言う。2日の夜となったのは、初荷、初売り、書初め、等、事始が2日に多いからだ。宝船の絵を枕の下に敷いて眠り、一冨士、ニ鷹、三茄子、四扇、五煙草、六座頭の夢が縁起が良いとされている。そして元旦から七草までの7日間に七福神を祀っている社寺を参詣してまわる。七福神とは、寿命の寿老人、有福の大黒天、人望の福禄寿、清廉の恵比寿、愛嬌の弁財天、威光の毘沙門天、寛大の布袋の7神を基本とし、地域によっては吉祥天ほかが加わることもある。江戸の人々は、信心だけでなく、行楽としても七福神めぐりを行った。

朝日・毎日の全国制覇(大正末期)

    関東大震災によって、東京を本拠とする新聞社・国民新聞、時事新報・報知新聞などは大きな打撃を被った。ところが、東京朝日・東京日日は、本社が大阪にあるので、復興もはやかった。東京朝日新聞社は、ただちに編集局を帝国ホテルに置いて発行をつづけた。朝日新聞社は、大正14年、日本ではじめての訪欧飛行を実施し、二機の朝日新聞社機が、中国・シベリアを経由してローマへ飛んだ。大阪毎日新聞は、大正13年1月1日付で、部数100万部突破の社告を出す。大阪朝日新聞も同年1月2日付で100万部突破の社告を出した。朝日・毎日は、このころから名実ともに全国紙としての地位にのし上がった。

    昭和2年、数寄屋橋に朝日新聞社が竣工した。のちに、隣に日本劇場が建ち、有楽町は銀座の中心としての地位を確立する。同じころ、大阪には朝日会館が竣工した。展示会場とホールを備え、大阪文化の中心となる。

2015年1月 1日 (木)

だるまの文化史

    起き上がりのだるまは江戸時代に達磨大師をモデルとして生まれた。寛政年間、高崎市の山縣友五郎によって生み出された。その赤い色から疱瘡除けのまじないに用いられた。地域によってだるまの姿もさまざま。東日本では丸くて白目の祈願だるま。群馬の高崎だるまは眉は鶴、髭は亀を表している。川崎大師のだるまも有名。

西日本は鉢巻をしただるまが見られる。また青いだるまが仙台にある。伊達藩士の松川豊之進が創始したもので、顔の周囲は群青色(海を表現している)で縁起物として親しまれている。

Photo_9 高崎だるまPhoto_10 鉢巻だるまPhoto_11 松川だるま

おせちもいいけどカレーもね

Photo_2   元旦から雪が降る。新垣隆や山中伸也などテレビに登場。「世界一大食い選手権」日本がアメリカに敗れる。紅白歌合戦。サザンの「ピースとハイライト」が話題に。「花子とアン」「マッサン」「まれ」のヒロイン3人。土屋太鳳が小柄。黒柳徹子は足が悪いみたいだった。カウントダウンで道頓堀川からダイブした韓国人が死亡。会社の寮で「おせち」の量をめぐって口論となり、台所にあった果物ナイフで刺す。お餅を詰まらせて2人が死亡。初詣途中に車にはねられ死亡。

   アナソフィア・ロブ主演の「ソウル・サーファー」を見る。サメに襲われ左腕を失いながら、プロ・サーファーとなったべサニー・ハミルトンの実話を描く。アナソフィアも小柄。

Annasophiarobbbethanyhamiltonsoulsu

福袋の話

Img_news   正月の縁起物といえば「福袋」。最近はデパートの初売りでブランド品の詰め合わせの福袋が行列ができるほどの人気だが、もともとは福をもたらす、という意味でもっと広義につかわれた。明治末期には大晦日の晩に親が子どもの枕元に袋に入れてプレゼントする習慣も「子供福袋」といわれた。そのほか会社が社員に年末の多忙のご祝儀として福袋を渡すこともあるが、いずれも正月に「福袋」という言葉は使用されことが多い。

  韓国では正月年始の挨拶に行って「ポッチュモニ」という伝統的な巾着袋をもらう風習がある。福を集める縁起の良い袋として大切に1年間もっておく。

Photo

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30