無料ブログはココログ

« 英一蝶 | トップページ | 口もと考現学 »

2014年12月 9日 (火)

ひょっとこ

Hyotoko1    口をすぼめて妙にゆがんだ顔をした滑稽なお面のこと。火男(ひおとこ)の訛ったもので、火吹竹を吹く時の顔つきから出た語という。東北地方の農家では、竈のそばの柱にこの面を吊るし、火の守護神とする風習があったそうである。

« 英一蝶 | トップページ | 口もと考現学 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英一蝶 | トップページ | 口もと考現学 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31