無料ブログはココログ

« 横綱玉錦 | トップページ | アーガイル柄 »

2014年12月 8日 (月)

衛門三郎の石

Jousinan   衛門三郎は強欲非道な役人であったが、ある時、毎日門前に立つ旅僧を追っ払うため撲りつけたところ、8人の子が次々と死んでしまった。弘法大師といわれる旅の僧を追って四国中をめぐり、漸く会って前非を悔い、息絶えた。その翌年、河野氏の本家で生まれた子が、3歳になって、握りつづけていた左手を開くと、衛門三郎と刻んだ石が出た。この子は、のち息方(やすかた)と名のって伊予国守となり、善政をしいたという。

« 横綱玉錦 | トップページ | アーガイル柄 »

「昔話・民話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横綱玉錦 | トップページ | アーガイル柄 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30