無料ブログはココログ

« ウサギに襲われた大統領 | トップページ | TOT現象 »

2014年12月 4日 (木)

遅かりし由良之助

4danme  待ち構えていたときに間に合わなかった場合に「遅かりし由良之助」という決め台詞がある。これは歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」に由来する言葉である。史実の大石内蔵助は国元の赤穂にいて、内匠頭切腹の悲報を受け取るが歌舞伎では、塩谷判官は切腹することになるが、ひたすらに由良之助の到着を待ちわびる。ようやく遅れて由良之助が駆けつけ2人は最後の対面をする。「やれ、由良之助、まちかねたわい」というセリフはあるが、どの台本を見ても「遅かりし由良之助」は見当たらない。この場面に酔いしれた観客の間で、いつしか生まれた言葉のようである。

« ウサギに襲われた大統領 | トップページ | TOT現象 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウサギに襲われた大統領 | トップページ | TOT現象 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31