無料ブログはココログ

« 神の7人 | トップページ | 松本清張特集 »

2014年12月 8日 (月)

欧米の職業姓について

  昔、ヨーロッパでは庶民には苗字がなく、名前だけで暮らしていた。苗字の代わりに、その職業で呼ばれることが多いので、職業がそのまま名前として伝わることが多い。つまり姓をみればご先祖の職業が大方わかる。パン屋はベーカーBaker、大工はカーペンターCarpenter、桶屋はクーパーCooper、肉屋はブッチャーButcher、牧師はチャップリンChaplin、ビール製造業はウェブスターWebster、陶器職人はポッターPotter、料理人はクックCook、羊飼いはシェパードShepherd、皮なめし職人はタナーTanner、仕立屋はテイラーTaylor、鍛冶屋はスミスSmith、フェラーリFerrari、粉ひき屋はミラーMiler、農夫はファーマーFamer、商人はカウフマンKaufman、漁師はフィッシャーFisher。マーラーはヘブライ語で割礼執刀人を意味するMahelに由来する。作曲家マーラーは姓だけでユダヤ人だとわかる。ドイツ語で「マーラMaler」は「画家、ペンキ屋」という意味。発音が近いのでよく「マーラーは作曲家なのに、画家とはこれ如何に」とよくいわれることがある。本当はMahelとMalerは異なる。

« 神の7人 | トップページ | 松本清張特集 »

苗字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の7人 | トップページ | 松本清張特集 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31