無料ブログはココログ

« 寺坂吉右衛門の真相 | トップページ | 世紀末パリ カフェと電灯 »

2014年12月 5日 (金)

鬼磨子書房

   出版社のなかにも難読のものがある。鬼磨子書房は何と読めばいいのか。「くいまーずしょぼう」と読むそうだ。池本義男「宦官攷」を刊行している。池本義男の著作を調べると他にも中国文学関係が多い。「中国婦女奴隷史稿」「中国近代秘密結社考」「金瓶梅詞話の飲食私釈稿」「中国茶書茶関係語彙」「喫茶攷」「庶民の隠語俗語襍」などある。池本氏については大学教授とおもわれるが詳しいことはわからない。

九州・四国にある本屋さん「明屋書店」。「はるや」と読む。

Photo

« 寺坂吉右衛門の真相 | トップページ | 世紀末パリ カフェと電灯 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寺坂吉右衛門の真相 | トップページ | 世紀末パリ カフェと電灯 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30