無料ブログはココログ

« 青木周蔵とその娘ハナ | トップページ | 梶川与惣兵衛と刃傷松の廊下 »

2014年12月 6日 (土)

タンコブチンの話

    西洋人名を漢字で表したり、日本語で発音すると奇妙な名前になることがある。とくに中国では音訳して、もとの発音に近い漢字を充てる。例えば、ノルウェーの劇作家イプセンは「易卜生」と書き、易者のような名前になる。日本でもむかし「チョピンとは俺のことかとショパンいい」という川柳がある。ショパンはChopinと書く。「コンズ」と言われてすぐに「孔子」のことだと分かる日本人は少ないだろう。同じように、「もうたくとう」と言われて「毛沢東」と分かる中国人も少ない。マオ・ズァドン(Mao Zedong)と発音するからだ。

210pxvakhtangov_yevgeny1   佐賀県唐津市に「たんこぶちん」という変わった名前のガールズバンドがいる。同じように「タンコブ」という奇妙な俳優がいると聞いた。調べると、ロシア人の名優イェヴグニー・ワフタンゴフ(画像1883-1922)だった。モスクワには「ワフタンゴフ劇場」という劇団がある。

« 青木周蔵とその娘ハナ | トップページ | 梶川与惣兵衛と刃傷松の廊下 »

苗字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青木周蔵とその娘ハナ | トップページ | 梶川与惣兵衛と刃傷松の廊下 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31