無料ブログはココログ

« 「ネ」事項索引インデックス | トップページ | 変体仮名 »

2014年11月12日 (水)

松会本(しょうかいぼん)

Gp6786    江戸時代刻本の最古のものをいい、「まつえぼん」とも言う。松会三四郎は江戸出版業の初期(17世紀半ば)から享保年間(1716-1736) まで約200点を刊行した江戸の有力書肆。初め市郎兵衛と称し、延宝以降は三四郎と称した。元禄以後の「武鑑」に御書物師として記される如く、幕府御用を務めた。刊行書は「武鑑」と仏書、儒書、往来物、仮名草子などだが、仮名書きと挿絵を多く用いる点に特色があり、その絵入本は今日珍重される。菱川師宣を起用し、のちにその絵本類も刊行した。参考文献:「松会三四郎」柏崎順子 「言語文化32」 1995年、「松会三四郎 其2」柏崎順子 「言語文化45」 2008年

« 「ネ」事項索引インデックス | トップページ | 変体仮名 »

「図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ネ」事項索引インデックス | トップページ | 変体仮名 »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30