無料ブログはココログ

« 虫歯ポーズ | トップページ | 古代エジプトの椅子 »

2014年11月 1日 (土)

ジャン・パウルの格言

5d5dae50e0955d0eb4a0c8571309eae1_5

Die Erinnerung ist das einzige Paradies,woraus dem wir nicht vertrieben werden konnen.

われわれが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である

   18世紀から19世紀のドイツ文学といえばゲーテやシラーが思いだされるが、ジャン・ポール(1763-1825)という作家は全集65巻といわれ、多作で当時の人気はゲーテをしのぐといわれた。今日、「巨人」「生意気盛り」「陽気なヴッツ先生」などの代表作はドイツ文学研究家には読まれるが、一般の日本人にはほとんど馴染みがない。ただし名言集や格言集にはその名前がよく登場する。

「愛あるところ常に楽園あり」 家庭に愛が満ちていれば家庭が心の安らぎの場となり、楽園になる。さらに社会、国家、そして世界に愛が満ちあふれるようになれば、人類は真の楽園を得るようになる、との意味。わかりやすい名言で、結婚式のスピーチにしばしば引用する人も多い。ジョン・パウルの皮肉な味はない。二、三の皮肉な感じの格言をあげる。

「人生は一冊の書物に似ている。患者たちはそれをペラペラとめくっていくが、賢者は丹念にそれを読む。」

「貧乏と希望は母と娘である。娘と楽しく語らっていれば、母のほうを忘れる。」

« 虫歯ポーズ | トップページ | 古代エジプトの椅子 »

「人生訓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虫歯ポーズ | トップページ | 古代エジプトの椅子 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31