無料ブログはココログ

« 静思館 | トップページ | 私の娘、倉木麻衣 »

2014年10月11日 (土)

南安雄「チコタン」

E0151275_18374284   作曲家の南安雄(1931-2012)は「チコタン」や「お菓子のうた」などの作曲で知られる。詩人蓬莱泰三の詩をもとにして作曲した「チコタン」(1969)は児童合唱の定番曲として広く歌われた。子どものチエコという名前の少女への初恋を交えた日常から一転、交通事故で死んでしまう。「ダンプにひかれてチコタン死んだ。横断歩道で黄色い旗にぎってチコタン死んだ」「チコタン殺したの誰や!‼あほ!」なんとも悲しい結末で歌はおわる。あまりに深く衝撃的な世界を取り上げているため、トラウマ曲とみなされ最近では放送されることは少ない。

« 静思館 | トップページ | 私の娘、倉木麻衣 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静思館 | トップページ | 私の娘、倉木麻衣 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30