無料ブログはココログ

« ブリジット・バルドーと東条英機 | トップページ | 子役は大成しない、する!? »

2014年10月 9日 (木)

雷電はなぜ横綱になれなかったのか

Save30106  雷電為右衛門(1767-1825)は信濃国小諸郡大石村(現・東御市)の生まれ。197cm、160㎏の巨漢。向かうところ敵なしの怪力力士で、土俵生活21年間で、254勝10敗、優勝相当成績28回、勝率0.962は歴代第1位である。10回の敗因は、すべて二日酔いのためだったという。張り手、かんぬき、突っ張りの三つを禁止されたという。これだけの成績を残しながら雷電がなぜ横綱になれなかったのか、今もって謎の一つである。一説では、免許する吉田司家が外様大名細川家の臣であったので、松平家が申請しなかったためといわれる。また当時の力士の最高位は大関であり、現在のように横綱は最高位ではなかったとする説もある。当時の横綱は、将軍上覧相撲の儀式のためのもので、強豪力士という条件はあっても成績や番付とは関係がなかった。ただ雷電には上覧相撲の儀式にあう縁がなかっただけといわれる。

« ブリジット・バルドーと東条英機 | トップページ | 子役は大成しない、する!? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブリジット・バルドーと東条英機 | トップページ | 子役は大成しない、する!? »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31