無料ブログはココログ

« 理想の図書館 | トップページ | こんな歌あったのか「ワルシャワの恋」 »

2014年10月21日 (火)

モロカイ島のカラウパパ療養所

080506_kalaupapa_ruin   セシル・B・デミル「十誡」(1923)現代篇を見ていると、妻がハンセン病でハワイのモロカイ島から脱走し、夫が妻を殺すという話がある。十誡のひとつ「汝、殺すなかれ」に背く。当時、モロカイ島は無法地帯で恐ろしい所という噂があり、ハンセン病患者の家族は、病を隠していた。そのためハンセン病は拡がり1778年クックが来島したとき人口約30万人だったのが、9割の人口が減少し、1896年には3万人になっていた。1866年にモロカイ島にカラウパパ療養所が建てられ、重症者はここに送られることになった。その後、治療法の開発によって隔離は不要となり、1969年ハンセン病患者の隔離を定められた法律は廃止された。現在も数十名の患者がこの島に暮らし、生涯の生活が保障されている。Hansen's disease settlement、後藤正道「太平洋の島々におけるハンセン病」

« 理想の図書館 | トップページ | こんな歌あったのか「ワルシャワの恋」 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 理想の図書館 | トップページ | こんな歌あったのか「ワルシャワの恋」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31