無料ブログはココログ

« 三助(さんすけ) | トップページ | 100人の片岡さん »

2014年10月 1日 (水)

平成の腰巻騒動

14920902791_cc864d9570   愛知県美術館で男性2人のヌード写真の展示作品が猥褻物陳列罪にあたるとして、撤去を警察からもとめられ、美術館では布で局部を隠した修整展示をしていたことが話題となっている。近代美術史では明治の黒田清輝の「腰巻事件」が有名だ。黒田の裸体画に関しては少なくとも2度話題になっている。1回目は1895年の第4回内国勧業博覧会で「朝妝」が出品され、風俗論争が起こった。このときは世論を沸騰させたものの、無事陳列された。1901年の第6回白馬会展の「裸体婦人像」では、風俗を乱すものとして布で下半身を覆って出陳させたとある。

50
ビゴー 日本人の生き方(裸体画に照れる日本人) 1898

F4a14847f8b788ee5f018d29a156007e  T02200292_0220029211682456970
     朝妝                                  裸体婦人像

Hakuba080
中央日報に下半身を伏せられた状態で記事となる





« 三助(さんすけ) | トップページ | 100人の片岡さん »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三助(さんすけ) | トップページ | 100人の片岡さん »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31