無料ブログはココログ

« マスウーディー | トップページ | 平成三美人 »

2014年10月17日 (金)

影なき淫獣

最近、日本でも女性や子供を狙った猟奇的な犯罪が頻発している。映画の世界では、「ジャッロ」(イタリア語で黄色の意味)というジャンルで、連続殺人を扱ったスリラーが1970年代ブームになった。「影なき淫獣」(1973)はジャッロの代表的作品。幼少期のトラウマで女性への憎悪が生じたという動機らしい。主演はスージー・ケンドール。「いつも心に太陽を」(1967)という名作に出演後、イタリアで猟奇的スリラーの女王となった。ティナ・オーモンも出演している。当時2人は20代後半でとても女子大生にはみえない大人の色気にあふれている。

Suzykendall Torso
  スージー・ケンドール         ティナ・オーモン





« マスウーディー | トップページ | 平成三美人 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスウーディー | トップページ | 平成三美人 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30