無料ブログはココログ

« 二世タレントの光と影 | トップページ | プロイセン王国とチューリンゲン諸国 »

2014年10月 4日 (土)

「ラブラブ」の語源は「ラブラブショー」か!?

T02200165_0640048010681695844   夫婦がきわめて仲むつまじいことを「琴瑟相和す」という。だが近頃は、「ラブラブ」という和製英語のほうが一般によく使われる。広辞苑にも収録されている言葉だが、語源がはっきりと分からない。英語では、ラビーダビー(Lovey-dovey)という。おそらく芳村真理が司会の番組「ラブラブショー」(1970-1979)ではないか。番組名は「ラブラブしよう」のモジリで、芸能人の男女のお見合い的な進行で、もし2人が結婚すると生まれた赤ちゃんをコンピーターで合成するというコーナーがあった。3年後には岡崎友紀主演の「ラブラブライバル」というドラマも生まれる。自然に「ラブラブ」という奇妙な言葉は日本人の耳に慣れていった。

« 二世タレントの光と影 | トップページ | プロイセン王国とチューリンゲン諸国 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二世タレントの光と影 | トップページ | プロイセン王国とチューリンゲン諸国 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30