無料ブログはココログ

« 美人の条件 | トップページ | 雷電はなぜ横綱になれなかったのか »

2014年10月 8日 (水)

いつも心に太陽を

Japanese2332   学園もの映画といえば、ルート・ロイベリクの「朝な夕なに」(1957)を皮切りに、サンディ・デニスの「下り階段を上れ」(1967)、そしてシドニー・ポワチエの「いつも心に太陽を」(1967)。ルルが歌う主題歌もヒットした。原題は「To Sir、with Love」(先生へ、愛を込めて)だ。その当時の日本人の多くは日本少国民文庫の山本有三訳詩「心に太陽を持て」を連想したのではないだろうか。ジュディ・ギーソンも懐かしい。

Ss2254824__photograph_of_judy_geeso

« 美人の条件 | トップページ | 雷電はなぜ横綱になれなかったのか »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美人の条件 | トップページ | 雷電はなぜ横綱になれなかったのか »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30