無料ブログはココログ

« 太閤検地の歴史的意義 | トップページ | 「巴里祭」と「舞踏会の手帖」 »

2014年10月 3日 (金)

豊臣秀吉の朝鮮侵略

Nihonnsuigunn
  1591年から秀吉は肥前名護屋に明征服の基地の築城普請にかかる。1592年4月、秀吉は16万の兵力を9軍に編成して朝鮮に渡航させた。4月12日、宗義智と小西行長の率いる第1軍は釜山に上陸し、釜山城の朝鮮軍に「仮途入明」(明に入りたいので朝鮮の道を貸してほしい)の最後通牒を示したが、朝鮮側からは返事はなく、日本軍は釜山城をおとした。ついで宗義智らの日本軍は東莱(トンネ)城に迫り、「戦うならば相手になろう。戦わなければ道を通せ」と東莱城に木札を投げ込んだが、東莱府は宗象賢らの朝鮮側は、「死するは易し、されど道を通すは難し」と木札を投げ返した。ここから東莱城の攻防戦がはじまったが、日本軍はこれもおとした。かくして、前後7年にわたる朝鮮侵略がはじまった。5月18日には首都漢城を陥落した。(参考:北島万次「秀吉の朝鮮侵略と民衆」 岩波新書)

« 太閤検地の歴史的意義 | トップページ | 「巴里祭」と「舞踏会の手帖」 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太閤検地の歴史的意義 | トップページ | 「巴里祭」と「舞踏会の手帖」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31