無料ブログはココログ

« ローマでは、ローマ人に従え | トップページ | 足利義政と東山文化 »

2014年10月23日 (木)

ネクタイとタイピン

1201202a  現在の形状に近いネクタイは大体19世紀中頃に普及している。生地は薄く一枚の布を三つ巻にしたものもあり、ズレを防ぐためネクタイピンが1870年ごろまでには生まれた。いつ、どこで造られたかは明らかではない。ピンタイプでシルク製のネクタイに穴が開いてしまう問題があり、1920年ごろまでには、挟むタイプのタイクリップも使われるようになった。日本人ではジョゼフ・ヒコ(浜田彦蔵)の自伝に、1851年に、ダイヤ入りのネクタイピンをもらったことが書かれている。

« ローマでは、ローマ人に従え | トップページ | 足利義政と東山文化 »

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローマでは、ローマ人に従え | トップページ | 足利義政と東山文化 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30