無料ブログはココログ

« いつか人間をテレポートできる日が来るのか? | トップページ | 源頼朝、鎌倉に入る(1180年) »

2014年10月 5日 (日)

インドの農民組合キサン・サバー

Yjimage321  1936年4月、ウッタル・プラデシュ州ラクノウで各州の農民組合(キサン・サバー)が統合されて全インド農民組合が設立された。1930年代の後半から第二次世界大戦、1947年のインド独立を経過する中で同組合は拡大の一途をたどり、独立後も今日に至るまで農民運動の前衛組織をなしている。特に第二次世界大戦期から、インド共産党の指導下に置かれ、反帝国主義・反地主制度の闘争を展開、アーンドラ、ケララ、西ベンガルの諸州で強い力を発揮している。「農民組合の思い出」は農民組合の結成期から関わってきたスワーミー・サハジャーナンド・サラスワティー(画像、1889-1950)の自伝的著作。

Assamstatekisansabhamemberstakeouta

キサン・サバー(Kisan Sabha)は近代インド農民史では重要語だが、「アジア歴史事典」(1959)に項目は見当たらず。インド農民組合に関する日本語文献は少ない。

「第二次大戦前の全インド農民組合」 山本盤男 九州共立大学経済論集6(1) 1980-12

「インドの農民運動と土地改革 全インド農民組合の成立から土地改革法成立に至るまで」 古賀正則 東洋文化34、1963-2

インドの近代史研究に関しては日本は弱い。「ロンドンの夜」(1937)で知られるインドの作家ザジャド・ザヒール(1905-1973)の日本語の紹介も皆無である。Sajiad zaheer、A Night in London

7325880 81a6s1ottjl_3
   ザジャド・ザヒール

« いつか人間をテレポートできる日が来るのか? | トップページ | 源頼朝、鎌倉に入る(1180年) »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつか人間をテレポートできる日が来るのか? | トップページ | 源頼朝、鎌倉に入る(1180年) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31